【食べログとアプリ連携!】大衆点評は食べログ連携でインバウンド対策になる??

【食べログとアプリ連携!】大衆点評は食べログ連携でインバウンド対策になる??

こんにちは、此田キサです。
大衆点評が食べログと連携したって聞いたけど、
なにが変わったの?インバウンド対策になる?

「大衆点評と食べログはどんな連携をしたの?」
「連携すると、食べログだけでインバウンド対策になる?」

こんな疑問をお持ちの飲食店オーナーさんもいらっしゃると思います。
日本では有名な食べログ、あなたのお店も有料プランを検討したことがあったり、現在進行中で食べログを有料プランでやっているかもしれません。

そんな食べログが「中国版食べログ」と呼ばれている大衆点評と連携することで、飲食店オーナーにはどんなメリットがあるのか?中国人観光客向けインバウンド対策になるのかというのは本当に気になりますよね?

今日はそんなあなたの疑問を解消するために「大衆店評と食べログの連携内容」と「食べログ連携だけでインバウンド対策になるのか」を徹底的に解説しています!

食べログとアプリ連携した大衆点評とは?

「あの食べログと連携した大衆点評ってなに?」
「日本版食べログってどうゆうことなの?」

こんな疑問をお持ちになっている飲食店オーナーさんもいらっしゃると思うので、まずは大衆点評についてカンタンに説明しちゃいます!

「大衆点評はもう知ってるよ…」
というオーナーさんは飛ばしちゃってください!

ここからは大衆点評自体の説明をしていきます。
さっそくですが、結論から申し上げます!
大衆点評は

中国版なんでも口コミサイト

です。
「日本版食べログ」と呼ばれることが多い大衆点評ですが、食べログとは大きく違う点があります。

それは「食べログは飲食店だけの口コミサイト」であるのに対し、「大衆点評は飲食店に限らず、ホテルや観光地などのなんでも口コミサイト」であるという点です。

そのため、大衆点評は食べログというよりは、様々な場所で口コミができる「トリップアドバイザー」や「Googleマップ」の方が近いサービスです。

ただ、大衆店評の口コミの多くは飲食店のため、日本版食べログだと思って頂いても問題ありません。

そして、なぜインバウンド対策として大衆点評が注目されているかについてもカンタンに説明しちゃいます!

大衆点評が注目されている理由は

圧倒的に中国人に使われている
口コミサイトだからです!

なんと、大衆点評は中国人の80%以上が使っており、日本に旅行に来ている中国人の50%程度が日本でお店を探すために使っているんです!

話をまとめさせて頂きます!

大衆点評がインバウンド対策として注目されているのは

・中国でいちばんの口コミサイトだから

・日本でお店を探す時にも使われているから

です!
大衆点評についてカンタンに説明させて頂きました。
なんとなく、大衆点評がインバウンド対策で重要だということはご理解頂けましたでしょうか?


ただ、「大衆点評をもっと詳しく知りたい!」という方もいらっしゃると思います。
そんなあなたには大衆点評について、
詳しく!カンタンに!そして徹底的にまとめた記事が
あるので、ぜひこちらの記事をご覧ください!

大衆点評と食べログの連携内容 

ここまで大衆点評というサービスについて説明しちゃいました。
そして、ここからが「本日のメインディッシュ」です!

まずは大衆点評と食べログのアプリ連携内容について説明していきます。
今回の大衆点評と食べログの連携内容は

インターネット予約システムの連携

です。
もっとカンタンにお伝えすると、大衆点評を使っている中国人観光客が大衆点評のアプリから、食べログの予約システムで飲食店のネット予約ができるようになったということです。

逆に食べログアプリから中国のお店を予約することはないみたいですが、あなたのような日本の飲食店オーナーさんからすると、中国人観光客からの予約を受けられるようになるので、頭に入れておいた方がいい連携です。

大衆点評からの予約の具体的な流れはこちらです!

①大衆点評アプリでお店を探す

②興味のあるお店を選んで見る

③来店した時間と人数を選択する

④予約を確定させる

大衆点評から食べログの予約システムで日本のお店を予約する流れはこんな感じです。
大衆点評からお店を探して、時間と人数を決めて、予約者情報を入力するだけで日本のお店を予約することができます。

そして、④の画像で予約確定時に値段が出ているのは「ウォークインチケットサービス」という来店前の予約時点でお会計を済ましてしまうサービスです。

日本でも問題になっている無断キャンセルを防いだり、無断キャンセルをされてもすでにお会計を頂いているので、飲食店オーナーさんにとって嬉しい機能です。

こちらの機能に関して、事例とともに紹介している記事があります。
来店前決済機能に興味がある方はこちらの記事がオススメです!

どうでしょうか?
大衆点評と食べログの連携内容をカンタンに説明させて頂きました。
ネット予約連携によって、中国人観光客が大衆点評から日本のお店を予約を取ることができるようになったんです。

ただ、1つ注意点があります!

食べログと有料契約をしていて、
ネット予約機能をつけていないと
大衆点評からも予約を取れない

という点です。
今回の連携で大衆点評から中国人観光客の予約を受けることができるのは、食べログと有料契約しているお店だけなんです…

つまり、「大衆点評から中国人観光客の予約を取りたいなら、食べログと有料契約してね?」という話なんですね。

ここまで大衆点評と食べログの連携内容について説明しました。
「大衆点評のために食べログ契約しようかな?」
「インバウンド対策はこれでバッチリだ!」

と感じた飲食店オーナーさんもいらっしゃると思います。

ここからは食べログとの連携は、本当にインバウンド対策になるかについてお伝えしていきます。

食べログとの連携で、大衆点評が自動翻訳される!

大衆点評と食べログの主な連携は「ネット予約システム」です。
ですが、この連携と一緒に小さなメリットもあります。

予約画面の翻訳

です。
先ほどの画像でも、予約は中国語でできました。
つまり、予約システムの連携で、中国人観光客は中国語で日本の飲食店を予約できるんです。

しかも、お店のカンタンなPR文なら翻訳してくれます。
多くても3行くらいの短文ですが、中国語でお店のPRをしてくれます。

それがこちらの画像になります。

「餐庁特色」と書かれている文章がお店のPR文です。
本当に短いですが、無いよりは良い印象を与えます。

話を戻します。

翻訳機能で、中国人観光客は口コミだけじゃなくて、お店のPR文も中国語で見ることができるんです。
これはインバウンド対策という点では多少の効果があります。

ただ、本当に小さいメリットなので、これだけで食べログ有料プランを契約するのにはもったいないような気がします。


食べログ有料プランだけではインバウンド対策にならない

ここまで大衆点評と食べログの連携内容について説明してきました。
ここからは大衆点評と連携した食べログの有料プランだけで、インバウンド対策になるかをカンタンにお伝えしちゃいます!

結論としては

多少のインバウンド対策になるが
中国人観光客を集客するのは困難!

という結論になります。
今回の連携は「ネット予約システム」だけです。
もっと言うと、大衆点評アプリから予約ができるようになっただけなんです‥

1つ質問させてください。

食べログやぐるなびなどグルメサイトでは、
予約システムを入れるだけでお客様は増えますか?

「確かに予約をされるようになったけど、お客様の数はそんなに増えてない」

こんな風に感じる飲食店オーナーさんは多いのではないでしょうか?
そうなんです!
ネット予約だけではお客様の数は急激に伸びません。

お客様の数を増やすには、口コミの評価を高くしたり、お金を払って最初のページにお店を載せたりしないと増えませんよね?

大衆点評も同じなんです。
ネット予約ができるようになったからと言って、中国人観光客の数は増えません。あくまで、大衆点評で口コミの評価が高くなったり、お金を払ってお店を最初のページに載せたりすることが必要になってくるんです。

これが大衆点評と連携した食べログの有料プランだけではインバウンド対策にならない理由です。

食べログの有料プランだけではインバウンド対策にならないことはご理解頂けましたでしょうか?

次は本当に効果のある中国人観光客向けインバウンド対策をお伝えします!

インバウンド対策なら、食べログではなく大衆点評を使うべき!

ここでお伝えするのは、本当に効果のあるインバウンド対策です。
ここまで読んで頂いたオーナー様はご理解されていると思いますが、食べログの有料プランを使っているだけではインバウンド対策にはなりません。

「でも、結局は大衆点評にお金を払うんでしょ?」

こんな風に思っている飲食店オーナーさんいませんか?

確かに大衆点評と有料契約をすると、様々なサービスを使えて、中国人観光客を集客することが可能です。これは揺るぎない事実です。

さらに今なら大衆点評と有料契約しているライバルは少ないので、少しのお金をかけるだけで集客できる可能性が高く、食べログやぐるなびよりも費用対効果が良い可能性も高いです。

ただ、ライバルが少ないということは
あなたがちょっとの工夫さえすれば、
お金をかけずインバウンド対策が可能

ということでもあります。
今日は最後にちょっとした工夫について
お伝えできればと思います!

その工夫がこちらです!

・知り合いの中国人に口コミ依頼
・中国人向け口コミキャンペーン
・微信での友達紹介割引
・中国人向けサービスの用意

これが僕からの提案です。
カンタンにいうと、「中国人の口コミを増やす」ということと「中国人に良い印象を持ってもらい、良い口コミを書いてもらう」という2つになります。

1つ目の「知り合いの中国人に口コミ依頼」はカンタンで、あなたの友人の中国人に口コミを書いてくださいとお願いするだけです。
友人でも良いですし、最近は中国人のアルバイトも多いので、彼らにお願いしてもいいと思います。

2つ目の「中国人向け口コミキャンペーン」は手間が多いですが、効果的です。
日本人相手でも「口コミを書いてくれたら、ドリンク無料」など、口コミキャンペーンをやっている飲食店オーナーさんもいらっしゃると思います。

日本人向けキャンペーンを中国人向けに変えるだけです
ただ、店内POPを作ったり、中国語を調べたりと手間が多いのが難点です。

ですが、中国人は日本人よりもクーポンや無料という言葉に敏感なので、効果はスゴくあります。

3つ目の「微信での友達紹介割引」は中国人にキャンペーンを拡散してもらうということです。

「そもそも微信ってなんだよ!」

という声が聞こえてきそうなので先にお答えします。
微信は中国版LINEです。要は中国人がいつも連絡を取り合っているアプリです。

そして、日本人はLINEのタイムライン機能をあまり使っていませんが、中国人は微信のタイムラインをたくさん使っています。

そこで、来店してくれた中国人のお客様に「微信でキャンペーンを発信してくれたら、デザート無料」のような告知をするんです!

そうすることで、サービス目当てに口コミをしてくれる中国人のお客様が来店してくれるようになります。1つ目や2つ目の対策と組み合わせることで、どんどん大衆点評の口コミが増えます。

3つ目までの対策が大衆点評の口コミを増やし、中国人観光客に選ばれるお店になるためのちょっとした工夫です。

まだライバルが少ない大衆点評でたくさんの口コミを集めることができれば、一気に中国人観光客も集めることができます。

ちなみに大衆点評で中国人の口コミをたくさん集めて成功したのが「一蘭」さんです。
そんな一蘭さんも含め、大衆点評でインバウンド対策をしている事例をご紹介している記事もありますので、ご興味のある方はぜひご覧ください

話を戻します。
3つ目までの対策が口コミを増やすための工夫だとしたら、4つ目の対策は「中国人観光客によいう口コミを書いてもらう」ための対策になります。

4つ目の「中国人向けサービスを用意する」は、あなたのお店が中国人に良い印象を持ってもらうための工夫になります。

それがこちらになります

・中国語のメニューを用意する

・カンタンな中国語で接客する

・常温の水を用意する

などです。
他にもありますが、このように中国人が喜ぶようなお店作りをすることで、来店してくれた中国人観光客が良い口コミを残しているようになります。

やはり日本と一緒で、口コミの評価や内容が良いと自然と集客ができます。

このような4つのちょっとした工夫をすることで、一切のお金をかけずに大衆点評でインバウンド対策ができるようになります。

ちなみにこの工夫を詳しくまとめた記事もあるので、ご興味のある方は是非ご覧ください。具体的なやり方や中国語まで紹介しています。

あなたのお店は大衆点評に載っている?

最後に大切なことをお伝えします。

僕がご紹介したちょっとした工夫で、大衆点評から中国人観光客を集客することが可能です。

むしろ、ライバルがやっていない今から対策を始めれば
大きな差をつけることができます。

オリンピックも始まりますし、中国人観光客が増え続けるでしょう。そのため、中国人観光客に爆来店してもらえれば、売り上げを伸ばすことができます。

ただ、大きな注意点があります!

あなたのお店が大衆点評に、
掲載されているか確かめる。
なければ、必ず掲載をする

ということです。
実は大衆点評に載っている日本のお店はあまり多くはありません。
大衆点評に載っているお店というのは、ユーザーが登録する必要があるからです。

つまり、中国人観光客が少ないエリアのお店や中国人のお客様がこないお店、中国人のお客様が店舗登録をしてくれていないお店だと、あなたのお店は大衆点評には載りません。

話をまとめさせて頂きます!

今現在なら無料でも効果のあるインバウンド対策が大衆点評で出来ます。ですが、そもそも大衆点評にお店が登録されていないと無意味になってしまいます。

だからこそ大衆点評でインバウンド対策をする場合は、まずあなたのお店が大衆点評に掲載されているかを確認しないといけません。

そして、掲載されていない場合は必ず登録しなければいけません!

まとめ

今日は大衆点評と食べログの連携について
カンタンにお伝えしました。

また、連携によってインバウンド対策ができるのか
という踏み込んだ内容もお伝えさせて頂きました。

今現在、大衆点評をやっているライバルは少ないです。

今の時期から大衆点評でインバウンド対策をすることをオススメします。

今日も僕の記事を読んでくださり、ありがとうございました。