【グルメサイトを徹底比較】あなたのお店にあったグルメサイトの選び方教えます

【グルメサイトを徹底比較】あなたのお店にあったグルメサイトの選び方教えます

こんにちは平田です。

ひと昔前はぐるなび一強と言われていたグルメサイト。
ただ、現在は数が増えすぎてしまいました…

結局、どのグルメサイトを選べばいいのかとても難しくなってきましたね。
お店に合ったグルメサイトを選べなくて、無駄にお金だけなくなるなんてことも多いです。

この記事を読んでいるあなたは
「僕のお店に合ったグルメサイトはなんだろう?」
「みんなどうやってグルメサイトを選んでいるんだろう?」
「グルメサイトが多すぎてめんどくさい!」

なんて思ってるんじゃないでしょうか?
もうそんなめんどくさい日々にはおさらばです。

この記事を読み終わったあなたは確実な根拠を持ってグルメサイトを選べるようになりますよ。
webを制するものが集客を制す。
それではどうぞ!

あなたのお店に合ったグルメサイトの選び方

単刀直入にあなたのお店に合ったグルメサイトの選び方を教えますね。
お店にあったグルメサイトを選べなければ、本当にお金が無駄になります。

契約期間の半年単位で見たらかなりの額です!
そうならないためにもまずはグルメサイト選びの軸をしっかり理解しましょう。

グルメサイトを選ぶ軸は3つあります。
1.エリアでSEOが強いサイトを選ぶ
2.お店のターゲット層でグルメサイトを選ぶ
3.コスパの良さでグルメサイトを選ぶ

全て兼ね備えたグルメサイトを選ぶのがベストです。
それでは3つの軸を詳しく説明していきますよ。

エリアでSEOが強いグルメサイトを選ぶ

ぶっちゃけると、この選び方が最重要です。
一番優先する指標にしましょう。

そもそも「SEOってなに?」
なんて思われた方もいるんじゃないでしょうか。
とても簡単なので大丈夫ですよ!

SEOとはグーグルやヤフーから検索された時に表示される順番のことです。
つまりこの選び方は、
あなたのお店の「エリア」×「ジャンル」で検索された時に一番上に出てくるグルメサイトを選びましょうということです。

もっと具体的に説明しますね。上の画像を見てください。
これは心斎橋で中華料理をしている人の例です。

この場合は
1.ぐるなび
2.食べログ
3.食べログ(ランキング)
の順番に出てきます。

グーグルの検索順位は検索者に見られている順に表示されます。
つまり心斎橋で居酒屋を探す人は一番ぐるなびを見て決めているんです。
なので他のグルメサイトではなく、一番見られている「ぐるなび」にお金をかけましょう。

余裕があれば2位の「食べログ」にお金をかけてもいいかもしれませんね。
ではなぜSEOで強いグルメサイトにお金をかけるべきなのかお話ししますね。

それはグルメサイトから直接検索する人よりもグーグルやヤフーを経由してお店を探す人の方が圧倒的に多いからです。

グルメサイトのアプリをダウンロードして検索している人は本当に少ないです。十分気をつけましょうね!

お店のターゲット層でグルメサイトを選ぶ

お店のターゲット層がよく見るグルメサイトを選びましょう。
あなたのお店のターゲット層はどんな方ですか?
例えばあなたが女性が多いエリアで韓国料理屋をやっていたとします。

この場合はメインのターゲットが女性になりますよね。
なので女性が多く見ているホットペッパーを選びましょう!

ちなみにホットペッパーはクーポンサイトのため女性とすごく相性がいいです。女性を集客したい場合はホットペッパーをお勧めします。
また外国人観光客がメインの場合はトリップアドバイザー、
中国人観光客がメインの場合は大衆点評を選びましょう。

グルメサイト内の表示順位で選ぶ

なるべく安い金額で上位表示できるグルメサイトを選びましょう。
全てのグルメサイトがオークション型で高いお金を払うほどそのグルメサイト内で上位表示ができます。

なので迷った時はなるべく安い金額で上位表示できるグルメサイトを選びましょう。
具体的に説明しますね。
あなたのお店の予算が1万円しかないとします。
1万円だと食べログではライバルが多く10ページ目に表示されるが、ぐるなびだと1ページ目に表示できる。
こういう場合にはぐるなびを選ぼうということです。
先にお伝えした指標でどうしても決められない場合はこちらの指標を参考にしてみてください。

国内グルメサイトの特徴

ここからは国内グルメサイトの特徴についてご紹介していきます。
それぞれのグルメサイトの特徴を理解して、あなたのお店のターゲット層にあったグルメサイトを選びましょう。

また、ユーザー数などの数字は企業が言っているだけで当てにならないです。
なのでここからは僕の肌感や経験も交えて解説していきますね。


食べログ

株式会社価格.comが運営しているグルメサイトです。
幅広い層の方に使われている印象です。
ユーザー数は1億人を超えていると価格.comが言っています。
(うん、絶対嘘だろ…ほぼ日本の人口やん…)

食べログの一番の特徴はお店に点数がつくことです。
あなたのお店が高得点の場合は有料プランにするのがいいでしょう。

ただ、悪い口コミが入っていたり低い点数がついていると有料にしてもほとんど予約は取れないでしょう。
あなたのお店が3.2点以上なら有料にしてもいいかもしれませんが、それ以下ならやめましょう。
SEOは比較的強い印象です。
プランは無料、1万円、2.5万円、5万円、10万円の5つあります

もっと食べログについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ぐるなび

一番知名度の高いグルメサイトはやはりぐるなびでしょう。
ユーザー数は現在5千万人と言われています。食べログの半分ぐらいですね。
昔はぐるなび一強と言われていた時期もあり、まさにグルメサイトの王様でした。
しかし現在はユーザー数が減ってしまい、業績も悪化しましたね。
最終的に楽天に買収されてしまいました…

ただそうは言っても居酒屋の集客はまだまだぐるなび強いです!
SEOでも居酒屋系はぐるなびが上位を取っています。
またぐるなびは中年層に愛されているグルメサイトです。

プランは無料、1万円、5万円の3つです。
サラリーマン狙いのお店は是非導入してはいかがでしょうか?

ホットペッパー

リクルートが運営するクーポンサイトのホットペッパー。
ユーザー数はグルメとビューティー合わせて5千万人と言われています。
ホットペッパーは若い女性が主に使っているサイトなので女性を集客したいお店にはぴったりです。
ただクーポンサイトなので、お客様の単価が下がってしまうことが懸念ですね。
地方のエリアほどホットペッパーが強い印象です。
気になるプランなのですが地域によって値段を変えているとのこと…
さすが商売上手のリクルートさんですね。
気になる方はこちらから値段のお問い合わせをしてみてください。

https://www.hotpepper.jp/keisai/

一休

高級店の掲載を主に行なっている一休。
申し込みをして審査に通ると掲載してもらえます。

またyahoo社と資本関係にあり、yahooのトップページから一休に直接アクセスできるので非常に便利です。
一休のいいところは料金が成果報酬のため損をすることがないということです。売り上げの20%を取られてしまいますが、損をしないのはとても嬉しいですね。
単価の高いお店を経営されているなら是非お申し込みしてみてはいかがでしょうか?

Retty

よりリアルな口コミを知れるという魅力で始まったRetty。
後発ながら、現在ユーザー数は4000万人とすごいスピードで成長しています。
一休と同じく、Yahooと資本関係にありトップページからそのままRettyにアクセスできるのも急成長の理由の一つでしょう。

SEOも非常に強い印象です。
プランは16000円から5万円までのプランがあります。
今後も伸びるグルメサイトなのではと思いますね。

Rettyについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

ヒトサラ

株式会社USENが運営するヒトサラです。
シェフの顔がみれるグルメサイトです。
ほとんどヒトサラでお店を探す人はいないと言い切っていいでしょう。
食べログやUSENと合わせ売りされることが多いのですが、全く効果はないのでいりません。
ヒトサラを有料掲載するのはやめましょう。

海外グルメサイトの特徴

ここからはインバウンド対策のサイトを紹介します。
インバウンドサイトは大きく分けて2つでこの2つを抑えれば問題ないでしょう。
それでは詳しく解説していきますね。

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは世界最大の旅行口コミサイトです。
トリップアドバイザを有効活用したことで売り上げがV字回復した!
なんて話もよく聞きます。

トリップアドバイザーは広告枠に自分のお店の広告を出すことできます。
どれだけクリックされたかで料金が決まるのできちんと予算を決めておきましょう。またサイト内のお店の表示順位は評価が高い順に並びます。
そのため、口コミを集めることが非常に大切です。

大衆点評

大衆点評は中国版食べログと思ってください。
中国の方が日本でお店を探す時に使うのが大衆点評です。
あの一蘭も大衆点評をうまく活用して中国人の行列を作りました。
日本食や和食をメインに提供しているお店は大衆点評を利用してみてもいいのではないでしょうか?

今後グルメサイトはどうなっていくのか

ここからはグルメサイトが今後どうなっていくかについてお話します。
結論からはっきり申しあげます。
オリンピックを目処にグルメサイトはほとんど集客効果が無くなります!
それは圧倒的に力のあるグーグルの競合化です。
残るのはヤフーと資本関係にあり、LINEから集客ができる一休とRettyのみでしょう。
なので僕から皆さんへのアドバイスとしては1日でも早くMEO対策を始めてください。
グーグルの登場で間違いなく集客効果のある広告先が限られ広告費が高騰してしまいます。
MEO対策は早い者勝ちです。
MEO対策についてはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?
この記事ではあなたのお店に合ったグルメ媒体の選び方について徹底的に解説してきました。
まとめるとグルメサイトの選び方は大きく分けて3つあり

1.エリアでSEOが強いグルメサイトを選ぶ
2.お店のターゲット層でグルメサイトを選ぶ
3.グルメサイト内の表示順位で選ぶ

です。
どれも大事な要素なので、しっかりと選んでくださいね。
それでは今日もあなたのお店の成功を祈ってます。