【2020年最新版】採用のプロが求人ボックスの掲載料金と掲載方法を徹底解説!

【2020年最新版】採用のプロが求人ボックスの掲載料金と掲載方法を徹底解説!

こんにちは、此田キサです!

「求人ボックスは本当に無料なの?」
「どうやって求人ボックスを始めるの?」

こんな疑問をお持ちのオーナーさんはたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?最近ではアルバイト採用は集客以上に難しくなっているとも言われていますよね‥

今日はそんなオーナーさん達には「完全無料でアルバイト採用ができる」求人ボックスの掲載料金と掲載方法について徹底解説しちゃいます!

「掲載方法だけでいいから早く教えて!」
という方は「求人ボックスの登録方法」
まで飛ばしてくださいね!

ちなみに求人ボックスを詳しく知りたいという方にはこちらの記事がオススメです。求人ボックスの仕組みや利用者層など詳しくまとめております。

それではどうぞ!!

求人ボックスは完全無料で求人掲載可能!

「求人ボックスってホントに無料なの?」

僕もこんな質問をオーナーさんからされることが多くなってきました。やはりオーナーさんとしてはアルバイト採用の費用を下げたいという悩みは当然ありますよね?

結論からお伝えしちゃいます!

求人ボックスでは完全無料で
アルバイトの採用ができるんです!!

どうでしょうか?もしかしたら、驚いたオーナーさんもいらっしゃるんじゃないでしょうか?実は求人ボックスは一切のお金を払わずに求人掲載ができ、アルバイトを募集することもでき、採用することまで出来ちゃうんです!!

タウンワークやマイナビバイトのような掲載課金型の求人媒体では求人を掲載するだけでお金がかかりますし、マッハバイトのような応募課金型の求人媒体は求人掲載こそ無料で出来るものの、応募数にお金がかかってきてしまいますよね??

でも、求人ボックスは完全無料で求人掲載からアルバイト採用まで出来るんです!実際、僕は飲食店向け人材派遣・紹介会社で求人ボックスの運用をしており、一切のお金をかけずにアルバイトの派遣や紹介することができています。

前置きが長くなってしまいましたが、さっそく求人ボックスの掲載方法をお伝えしちゃいます!!

求人ボックスの登録方法

まず、求人ボックスに求人を掲載するにはアカウントを作成する必要があります。なので、アカウントを作成する手順を1からお伝えしちゃいます!!

①求人ボックスアカウント作成ページを開く

こちらのページから求人ボックスのアカウントを作成することができます。『新規登録して求人掲載』というボタンをクリックしてください。ちなみにページのURLはこちらです。

求人ボックス登録はこちらから!!
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E7%84%A1%E6%96%99%E6%B1%82%E4%BA%BA%E6%8E%B2%E8%BC%89

②求人ボックスに会社情報を登録する

ここでは「メールアドレス」「パスワード」「会社名/店舗名」「公式サイト」の情報を入力します。「サイト」以外は必須情報なので必ず入力してください。

メールアドレスに関しては会社や店舗のメールアドレスの方が良いですが、個人のGメールでも登録は可能です(実際に試しました)

③確認メールを開き、登録完了させる

登録画面で情報を入力すると、本登録のための確認メールが登録したメールアドレス宛に届きます。確認メールが届いたら、メールで指定されているURLを開いてください。

URLを開くとパスワード設定をする画面になるのでパスワードを設定してください。パスワードは英数字混合で8文字以上から設定可能です。

④支払い情報を設定する

パスワード設定が完了すると、求人ボックスの採用ボードのホーム画面になります。有料プランを使う場合は支払い設定が必要になります。支払い設定は採用ボード ホーム画面の右上の会社名/店舗名をクリックし、『お支払い情報』を開いてください。

無料プランだけ使いたいという方は
こちらの登録作業は不要です。

⑤支払い情報を登録する

求人ボックスでは「クレジットカード払い」のみ対応しております。銀行振込や自動引き落としは非対応です。

そのため、会社や店舗のクレジットカードがあれば、そのカードを登録します。そのようなカードがない場合はオーナーさん個人のクレジットカードを登録する必要があります。(個人のクレジットカードでも対応しています)

基本的にはアマゾンや楽天など通販サイトのクレジットカード登録と変わりません。通販サイトを使ったことのある方であれば、カンタンに支払い情報の登録ができますよ!

ここまでカンタンに求人ボックスの登録方法(アカウント作成)について説明させて頂きました。実際にここまでは10分程度で終わるので、スキマ時間から求人ボックスを始めることができます。

求人ボックスの求人掲載方法

求人ボックスの登録方法(アカウント作成方法)についてカンタンにお伝えさせて頂きました。ここからは実際に求人掲載をする方法をお伝え致します。

①「新しい求人を作成」をクリック

求人ボックスの採用ボード ホーム画面には『新しい求人を作成』というボタンがあります。まずはこのボタンをクリックしてください

②「求人タイトル」「雇用形態」「仕事内容」を入力

「求人タイトル」
まず、求人のタイトルをつけます。具体的に「渋谷の焼き鳥居酒屋のホール」や「六本木のバーのバーテンダー」など求職者がパッと見ただけで仕事を想像できるようなタイトルをつけましょう。

「雇用形態」
求人ボックスはアルバイト専用サイトではないため、雇用形態を選ぶ必要があります。アルバイト採用の場合は「アルバイト・パート」を選択しましょう!

「仕事内容」
求人ページを見てくれた求職者に詳しい仕事内容をお伝えしましょう!例えば、ホールを募集する場合は「お客様案内・注文・片付け・会計」などと書きましょう。もしホールが洗い場をやるお店なら、洗い場業務もしっかりと入力した方がいいですよ!

③「対象者となる方」「求人の特徴」「PR・職場情報」

「対象となる方」
ここではあなたのお店に必要な人の条件を記載することができます。例えば、「調理師資格」や「管理栄養士」など必要な資格を記入することができます。

一方で、「女性限定」や「学生限定」など法的にNGな記載は禁止されています。ただ「高校生禁止」という文言の場合は、深夜勤務は法的に禁止されているため、求人によっては記載が可能です。

「PR・職場情報」
職場の雰囲気や社割、まかないなどあなたのお店の魅力を存分に記載しましょう!「駅直通」や「まかない無料」「昇進制度」など求職者が惹かれる情報を記載することをオススメします。

「求人の特徴」
働き方の特徴やお店の特徴、整備されている制度などを選択可能です。

ここは求人ボックスの求人作成で
かなり重要な部分になります!!!

あなたの求人に応募者来るか来ないかを決めてしまう重要な部分です!絶対に読んでください!
「求人の特徴」を開くとこちらの画面が出てきます。
まずはご覧ください!!

求人の様々な特徴を選択することができます。
なぜここが重要かと言いますと、

求職者は仕事を探すときには
タグ検索を使い、仕事を探す!

からなんです。求職者は仕事を探すときは検索機能を使っていて、自分が求めている仕事を効率よく探しています。

未経験の求職者なら「未経験歓迎」から探しますし、シニアの求職者なら「シニア歓迎」から探します。他にも主婦・主夫なら「主婦・主夫歓迎」を歓迎してくれるお店に入りたいと思いますよね?

求職者の属性だけでなく、「交通費負担」や「まかない」を重視する求職者もいますし、「日払い制度」を使いたい求職者は最初から日払いが使えるお仕事に絞って探しています。

「求職者の特徴」を設定しないと
あなたの求人に応募が全然来ない‥

という最悪の事態に陥ってしまいます。
「求人の特徴」は必ず入力しましょう!

④「勤務地」「交通手段」「給与」

「勤務地」
アルバイトを募集しているお店の住所を入力しましょう。会社の所在地ではないので、気をつけてください。

また、複数店舗で募集をしたい場合は勤務地を追加することができます。ただ、個人的には複数店舗で募集するときはそれぞれ1つずつ求人を作成することをオススメします。

理由としては、お店ごとに特徴も職場の雰囲気もPRポイントも異なると思います。そのため、複数店舗でアルバイトを募集する場合はそれぞれの店舗ごとに求人を作成しましょう。

「交通手段」
お店までのアクセスを記載しましょう!
「〇〇線 〇〇駅 徒歩〇〇分」のように記載することをオススメします。もっと丁寧に書くとしたら「〇〇線 〇〇駅 〇〇出口 徒歩〇〇分」のように書いても良いかもしれません。

「給与」
ここでは給与を設定します。アルバイト採用の求人の場合は「時給」を選択し、下限に通常時給を記入しましょう。22時以降の深夜時給などは上限に記入しましょう。上限には昇給含め、最大時給を記入すると求職者の反応が良くなりますよ!

⑤「勤務時間・求人」「応募・選考について」「選考について」

「勤務時間」
募集しているアルバイトの勤務時間を記載しましょう。具体的に「10:00~15:00」のように記載したり、「10:00~24:00 シフト制」と記載したり、「1日6時間以上」と記載することが可能です。

注意点としては「10:00~24:00 シフト制」のように書いてしまうと、「14:00~19:00」のようにアイドルタイムや暇な時間を希望する求職者が応募してきてしまう可能性があるので、具体的な時間を記載をオススメします。

「応募・選考について」
職務経歴書が必要かどうかを選択します。選考に必要な場合は職務経歴書を選択しましょう。正社員採用では不可欠ですが、アルバイト採用の場合は基本的に不要なので、「基本情報のみでOK」を選択することをオススメします。

「選考について」
選考フローと必要書類を記載します。選考フローとしては「応募→電話→面接→採用」のようにフローを書きましよう。

必要書類とは履歴書のことだと思ってくださって大丈夫です。また、面接の際に印鑑や身分証、給与口座証明が必要な場合は、この欄に記載します。

完全無料で求人掲載する場合は
「公開」を選択すると求人審査に入り
求人を掲載することができます。

⑥「有料オプションの設定」

有料オプションを利用する場合はまず「プラン」を決めます。スタンダードもしくはプレミアムのどちらかにチェックを入れましょう。

また、1日の上限金額を決めることができます。1日上限を500円とした場合は1日10回まで求人が上位表示されます。予算に関しては求人に使える予算や人手不足の緊急性から判断しましょう。

最後に「公開」ボタンを押せば、求人審査に入り、審査を通ると求人が掲載されるようになります。

ここまで求人ボックスに求人を掲載する方法をお伝えさせて頂きました。最後に求人ボックスの効果をグッと上げる有料プランについても説明します。


求人ボックスの有料プランの掲載料金とは?

求人ボックスの料金体系とは?

ここからは求人ボックスの有料プランでの掲載料金について説明させて頂きます。でも、その前に有料プランと無料プランの掲載のされ方の違いだけカンタンにお伝えします。

こちらの画像をご覧ください。

一目瞭然だと思いますが、有料プランと無料プランの違いは掲載される順位です。有料プランにすると、検索後の画面で上位表示され、求職者の目に止まりやすくなります。目に止まりやすくなることで、アルバイトの応募が増え、採用の可能性が高くなるというのが、有料プランの効果です。

話を戻させて頂きます。

料金について「求人ボックスは完全無料でアルバイト採用が出来る!」とお伝えしましたが、求人ボックスでは有料プランでの掲載もするという方法もあります。もちろん、完全無料で採用することができればベストですが、先程ご説明した通り、有料プランを使えば効果をグッとあげることもできます。

ここからは本題の求人ボックスの有料プランの料金体系をご説明します。

求人ボックスの有料プランは『クリック課金型」もしくは『検索課金型』と呼ばれています。もっとカンタンに説明させて頂きますと、あなたが掲載している求人がクリックされた回数に応じて、お金を払うという仕組みになっています。

つまり、求人ボックスは
あなたの求人が見られた回数分だけ
お金を払う必要がある!!

ということです。タウンワークやマイナビバイトのような掲載課金型の求人媒体では、掲載料金という形で最初にお金を払ったり、マッハバイトのような応募課金型の求人媒体では応募数に応じて後払いでお金を払ったりします。

その点、求人ボックスは応募課金型と似ていて、求人掲載自体は無料で始められますが、求人が見られた回数に応じて後払いでお金を支払う必要があります。なので、検索課金型は応募課金型と似た料金体系です。

もちろん、有料プランにした場合のみ費用が発生します。無料プランの場合は求人が何回見られてもお金をかかりません。

求人ボックスの有料プランの種類

次にご紹介するのが求人ボックスの有料プランの種類についてです。実は求人ボックスの有料プランは2種類あります。ここでは求人ボックスの2種類の有料プランの紹介とその違いについてご説明しちゃいます!

まず、求人ボックスにはスタンダードプランとプレミアムプランという2つの料金形態があります。わかりやすいので、こちらの画像をご覧ください!

スタンダードプランとプレミアムプランの違いについて説明していきますよ。

オーナーさんがいちばん気になるのが料金ですよね?この2つのプランの料金の違いは「料金の決まり方」と「価格」という2つの違いがあります。

まず、料金の決まり方ではスタンダードプランでは一律50円と固定されており、1クリックで発生する料金は絶対に変動することはありません。

一方で、プレミアムプランでは料金は固定されておらず、50~100円の間で変動します。これはグーグルのリスティング広告と同じ仕組みで、ライバルが多いほど料金が上がります。

具体例を出すと、「渋谷の居酒屋」の求人を出したいお店はたくさんありますよね?すると、「渋谷の居酒屋」の求人を出したいお店の中でもいちばん高いお金を払うお店から上位表示されていきます。おそらく「渋谷の居酒屋」でプレミアムプランを使った場合、1クリックにかかる料金は100円になるでしょう。

逆に「乃木坂の居酒屋」の求人を出したいお店はあまり多くないと思います。すると、ライバルが少ないので、1クリックあたり50~60円くらいでも上位表示されると思います。

つまり、プレミアムプランでは
ライバルが多いと料金が高くなる!

ということなんです。あなたのお店がある地域が激戦区であればあるほど、料金は高くなるという仕組みなんです。

「じゃあ、渋谷で募集するなら
 100円じゃないと意味ないのかよ??」

という声が聞こえてきそうなので、追加で説明致します。実は求人ボックスの有料プランでは1日に使う料金の上限を設定することができます。例えば、1日に1万円しか使いたくないですという設定ができます。

あなたのライバルが「1クリック100円 1日上限5000円」と設定していたら、見られるのは50回までですよね?そうなると、あなたが60円で設定していても、ライバルが50回見られて予算を使い切ってしまうと、あなたの求人も見られるようになるんです。

つまり、僕が言いたいことはライバルの多さやライバルがかけるお金を推測すれば、1クリック100円設定しなくても、あなたの求人を見てもらうことができるということなんです。

なので、ライバルを多くても必ず100円設定しなくちゃいけないわけではないということは頭に入れておいてください!

まとめ

今日は求人ボックスは完全無料でアルバイト採用ができること、求人ボックスの登録方法、求人の作成方法、そして求人ボックスの有料プランの種類についてカンタンに説明させて頂きました!

この記事では実際に求人を掲載するまでの流れを画像付きでなるべくわかりやすく説明しました。これまでに求人を作ったことのないオーナーさんでも、記事の通りに進めれば、カンタンに求人を作ることができ、アルバイト採用ができるようになります。

この記事が少しでもあなたのお店のお役に立てれば、嬉しいです。今日も僕の記事を読んでくださり、ありがとうございました!!