【大衆点評の口コミの増やし方】中国語の口コミを増やして、インバウンド対策をしよう!

【大衆点評の口コミの増やし方】中国語の口コミを増やして、インバウンド対策をしよう!

こんにちは、此田キサです!
「大衆点評から集客したいな」
「中国語の口コミ増やしたい」

こんな風に思っている飲食店オーナーさんも多いんじゃないでしょうか?

「中国人向けには大衆点評の口コミを増やさないと!」

「でも、口コミの増やし方なんてわからないよ…」

今日はそんな飲食店オーナーさんのために大衆点評で中国語の口コミを増やし、中国人のお客様も増やし、お店を繁盛させる方法をカンタンにお伝えしちゃいます!

大衆点評とはインバウンド対策! 

まずは「大衆点評ってそもそも何のこと?」
というところからご説明させて頂きます。

まず、飲食店オーナーさんにとっての大衆点評とは

中国人向けインバウンド対策

なんです!
インバウンド対策といえば、「トリップアドバイザー」であったり、「Googleマップ」、「Yelp!」など、様々な外国人向けのサービスがありますよね?

ところが、中国人はこれらのサービスを使うことが出来ないんです。
理由については長くなってしまいますので、端的にお伝えしますが、中国共産党の指導で一般の中国人は使うことができないんです。

ここでは、中国人には中国人向けのサービスを使う必要があることだけは頭に入れておいてください。

話を戻します。

日本に来ている中国人観光客にあなたのお店に来てもらうには、中国人向けのサービスを使う必要があるんです

そして、中国人向けインバウンド対策として注目されているのが「大衆点評」です。

大衆点評は「中国版食べログ」と呼ばれることが多いのですが、食べログとは違い、飲食店以外でも口コミをすることができます。つまり、大衆点評は

中国版なんでも口サイト

なんです。
実は、中国には他にも口コミサイトはあります。
そこで、なぜ大衆点評が中国人インバウンド対策としていちばん効果的なのかをお伝えしちゃいます。

結論から申し上げます!
大衆点評がインバウンドで注目されているのは

・中国でナンバーワンの口コミサイト
・飲食店を選ぶときに使われている
・中国人観光客が日本でも使っている

からです。
特に中国ナンバーワン口コミサイトというのは、圧倒的に利用者が多いという意味です。

中国政府の発表では、口コミサイト利用者の80%以上が大衆点評を使っているというデータがあります。

また、大衆点評の公式発表では、全世界での登録店舗数は3000万店を超え、登録ユーザー数は6億人以上、1日の利用者数は5000万人以上のスゴく影響力のあるサイトなんです。

カンタンな説明でしたが、なんとなく大衆点評が中国人向けインバウンド対策として、重要なことだとご理解頂けましたでしょうか?

ちなみに大衆点評自体を詳しく説明した記事もあります。ご興味のある方はこちらの記事がオススメです。

大衆点評は口コミがすごく大切! 

ここまで大衆点評の説明をさせて頂きました。
ここからは大衆点評の口コミについて、わかりやすくカンタンにお伝えしていきます!

「食べログみたいに大衆点評も口コミが重要だろう」

飲食店オーナーさんなら、こう思いますよね?
大正解です!!
大衆点評も「食べログ」や「ぐるなび」、「トリップアドバイザー」や「Googleマップ」と同じで、口コミでの評価がスゴく大切なんです。

最近では日本人でも多くの人がインターネットの口コミを参考にしてお店を選んでいますが、中国人も欧米人も同じで、インターネットの口コミを参考にしてお店を選んでいます。

ただ、どれだけ口コミを参考にしているかは国によって違います。
まず、こちらの画像をご覧ください。


※英文レポートのため、日本語に一部訂正しています。

こちらは大手旅行会社エクスペディア社が作成したレポートです。これは中国人と日本人とオーストラリア人が口コミをどの程度、参考にしているのかを調査した結果です。

友人や家族からの直接の口コミに関しては、日本人も中国人もオーストラリア人も参考にしていることがわかると思います。(左図)

一方で、インターネット上の口コミに関しては、日本人はあまり信用しておらず、オーストラリア人も信用している人の割合が減っています。(右図)

ですが、中国人は友人や家族など、身内からの口コミとほぼ同じくらいインターネットの口コミを信用しているんです。

つまり、中国人観光客は
他の国の観光客に比べて、
インターネットの口コミが

圧倒的に効果がある!!

ということなんです。
大衆点評の口コミの影響力は食べログやぐるなびの口コミの3倍以上あると考えることもできます。

食べログの口コミが良いときにはお客様が増えますよね?でも、大衆点評の口コミがよいと、もっと多くのお客様が来る可能性が高いんです。

話を整理させて頂きます。

・中国人はインターネットの口コミを
 他の国の人よりも参考にしている。

・中国人の大半が大衆点評で口コミを見ている

僕がここまででお伝えしたいことはこの2つです。
そして、この2つが大衆点評の口コミを増やすべき理由です。

大衆点評の口コミを増やし
お店の評価が上げれば、
圧倒的に集客ができる!!

飲食店オーナーさんは必ず頭に入れておいてください!
ここまで大衆点評の口コミの大切さ、影響力について説明させて頂きました。

ここからは大衆点評の中国語の口コミを増やす方法を紹介していきます!

Asia Pacific Travel Trend

https://info.advertising.expedia.com/hubfs/Northstar-APAC-final.pdf

大衆点評の口コミの増やし方①

まず、1つ目の方法は「口コミキャンペーン」をやるということです。こちらに関しては、心当たりのある飲食店オーナーさんもいらっしゃるんじゃないでしょうか?

この方法は、「大衆点評に口コミを書いてくれた方にはデザート無料」などのキャンペーンをして、口コミをどんどん書いてもらうという方法です。

一例として「デザート無料」と書かせて頂きましたが、「乾杯ドリンク無料」でも「ご飯大盛り無料」でも「会計5%引き」でも、なんでも大丈夫です!

ただ、お客様が嬉しいと思うようなサービスにしないといけません。
そして、キャンペーンをやる上で重要なのが

キャンペーンをポスターやPOPなどで
お客様に知ってもらうということです

どんなに良いキャンペーンを用意していても、お客様が知る機会がなければ口コミを書いてもらうことはできません。そのため、ポスターやPOPは必要になります。

さらに、中国人のお客様相手に、口頭でキャンペーンをお伝えするのはスゴく難しいです。スタッフに中国人アルバイトがいたとしても、その子がいつもお店にいるわけではありませんし、日本人スタッフに中国語を教えるのもスゴく困難です。

だからこそ、どんなスタッフでもキャンペーンに対応できるようにするためには「中国語で書かれたポスターやPOP」が必要不可欠になります。

ポスターやPOPがあれば、お客様がポスターを指差して、スマホ画面を見せてくるでしょう。そのときにスマホ画面で口コミをしてくれているかを確認して、サービスをすればOKです。

最後にご紹介するのが、キャンペーンで使う中国語です

ここでは一例として、「大衆点評で口コミをしてくれたら、デザートを1つ無料でサービスします」という意味の中国語をご紹介します。

在大众点评上对本店进行评价的客户可享免费甜品

もし、あなたのお店が「デザート無料」でキャンペーンをやるのであれば、こちらの中国語の文章をコピー&ペーストで使えば、すぐにポスターを作れます。

この中国語の文章と一緒にデザートの写真を載せたりすると、より魅力的になりますね。

また、ドリンク無料の場合は、最後の4文字を「免費一杯饮料」と変えることでキャンペーンを作成することができます。


大衆点評の口コミの増やし方②

次にご紹介するのは「微博を使ったお店とキャンペーンの発信」です。

まず、微博について説明させて頂きます。微博は中国版ツイッターと呼ばれる中国のSNSサービスです。ちなみに読み方は「ウェイボー」です。

「中国版ツイッター」とお伝えしましたが、まさにツイッターと同じで、140文字以下で全世界に発信することができます。

ユーザー数は7億人、1日のアクティブユーザー数は4.62憶人とも言われており、その93%はスマートフォンから利用されています。利用者の男女比は男性57%、女性43%です。

最近では芸能人の山下智久さんやAKB48の方々も利用していて、中国人のファンを増やしています。飲食企業では「一風堂」さんや「CoCo壱番屋」さんなどが利用し、訪日中国人観光客の集客に役立てています。

2018微博用户发展报告

https://data.weibo.com/report/reportDetail?id=433

微博についてカンタンに説明させて頂きました。
話が脱線しましたが、僕が伝えたいのはこちらです!

・微博は中国版ツイッター

・日本企業も中国人向け集客で利用している

ということだけ理解して頂ければ、大丈夫です!

話を戻させて頂きます。

口コミを増やすための2つ目の対策は「微博でお店とキャンペーンの発信」です。

これは中国版ツイッターである微博で、お店のメニューや内装を紹介したり、キャンペーンをお知らせしたりするということです。

やり方としては、微博のアカウントを作成して、ツイッターと同じように、魅力的な写真を載せたりしながら、運用を続けるという形になります。

微博には企業公式アカウントの登録もありますが、手続きが面倒な上に費用もかかってしまうのでオススメしません。

日本の大企業であれば、本物かどうか見極めるために公式登録した方が良いと思いますが、大企業でない場合は公式アカウントで登録せず、一般ユーザーとして、微博を使うことをオススメします。

微博について詳しく知りたいという方にはこちらの記事がオススメです。

近日公開

大衆点評の口コミの増やし方③

最後にご紹介する対策は「中国人友達紹介」です。
これがいちばんカンタンな方法です。流れとしては

①中国人の友人やアルバイトに口コミを依頼

②口コミ後にキャンペーンを発信してもらう

③キャンペーンを見て来店してくれたの方に
 口コミとキャンペーンを再発信してもらう

という3ステップをやり続けるということです。
ここからは段階ごとに詳しく説明させて頂きます。

①ではまず、あなたの友人の中国人やアルバイトの中国人スタッフに口コミをお願いして、大衆点評に口コミを書いてもらいます。

これは普通にお願いをしても良いですし、キャンペーン同様、何かサービスをしてお願いすることもできます。

サービスをするかをあなた自身が決めて大丈夫です。ただ、良い口コミを書いてもらうためには、サービスをつけるのをオススメします。

次に②では、口コミを依頼したご友人や中国人アルバイトに大衆点評の口コミをしてもらうだけでなく、彼らにキャンペーンを発信してもらいます。発信方法は基本的にはSNSです。

先ほど、ご紹介した中国版ツイッターの「微博」や中国版LINEの「微信」で発信をお願いしましょう。

話が少しズレますが、中国版LINEと呼ばれている「微信」の説明をさせて頂きます。

微信はメッセージアプリで、基本的にLINEと同じ機能です。個人同士のチャットやグループでのチャット、タイムライン、バーコード決済など、ほとんどがLINEと同じです。

ただ、機能の使い方については日本人と中国人では違いがあります。そして、その中でも大きな違いは「タイムラインの使い方」です。

日本人はLINEではタイムラインを使いません。むしろ、タイムラインを使うことを避けている傾向にあります。おそらく、あなたも共有したいことはツイッターやインスタグラムで発信しますよね?

でも、中国人は微信のタイムラインをよく使うんです。それこそ、ツイートするような感じで気軽にタイムラインに投稿しているんです。(少なくとも僕の中国人の友人はそうです)

話を戻させて頂きます。

口コミを依頼した中国人の友人やアルバイトにキャンペーンを発信してもらう時は、中国版ツイッターである微博でのツイート、中国版LINEである微信のタイムラインで発信することをお願いしましょう。

特にオススメなのが、微信でのキャンペーン発信です。微博よりも微信での発信をオススメする理由は

微信のタイムラインの方が
即効性があるからです!!

なぜ、微信の方が即効性があるのかというと、あなたが口コミを依頼した中国人の友人やアルバイトは「日本に滞在している中国人コミュニティ」に属している可能性が高いからです。

わかりづらくて申し訳ございません。
もっとカンタンにいうと、

日本にいる中国人には
日本にいる中国人の友達が多く、

微信でたくさん繋がっている!

ということです。
日本にいる中国人に微信でキャンペーンを発信してもらうと、日本にいる中国人にあなたのお店を知ってもらうことができます。

日本にいる中国人は中国人観光客よりもカンタンにお店に来ることができますよね?だからこそ、微信の方が大衆点評の口コミを増やすには即効性があるんです。

ただ、中国人の友人やアルバイトがあなたの周囲にいないと難しい方法ではありますし、人脈で限界が決まってしまうので、大衆点評の口コミを一気に増やすことはできますが、継続的に増やすことはできません。

ですが、大衆点評の口コミが少ない対策初期段階ではすぐに口コミを増やすことができ、大衆点評のランキングをあげることができます。

そのため、大衆点評でインバウンド対策を始めたばかりの時は微信でキャンペーンを発信してもらいましょう。

最後に③では、キャンペーンを見て来店してくれた中国人にも大衆点評の口コミとSNSでの発信を依頼しましょう。

基本的には①と手順は変わりませんが、①と違い、あなたと顔見知りではない人たちなので、対応だけは注意しましょう。

まずは大衆点評の近隣ランキングで上位を目指そう!

最後にご紹介するのは大衆点評のランキングです。
ここまで大衆点評の口コミの大切さと口コミを増やす方法をご紹介させて頂きました。

でも、口コミを増やすだけでは目標がなくて、どこまでやれば良いのかわかりませんよね?

ここでは大衆点評でのインバウンド対策を始めたあなたが目指すべき目標をお伝えしちゃいます!

まず、大衆点評では飲食店のランキングがあります。

ランキングといえば、飲食店オーナーさんなら、なんとなくわかりますよね?食べログなどのランキングと似たような機能です。

実は大衆点評のランキングは3種類あるんです。それがこちらです。

・業態ランキング(ジャンル)

・地域ランキング

・近隣ランキング(半径500メートル)

では、1つずつ説明しちゃいます!

業態ランキング(ジャンル)

業態ランキングは、イタリアンや中華、寿司など、ジャンル別のランキングです。こちらの画像は東京で検索した時の「海鮮」のジャンルのランキングです。1位から3位まで「蟹道楽」さんが占めていますね。

これは中国でも有名なお店ということもありますが、大衆点評と有料契約しており、様々な集客機能を使っていることもあります。

業態ランキングで上位にランクインすることができれば、ジャンルでお店を探している中国人のお客様を集客することができます。

地域ランキング

次にご紹介するのは地域ランキングです。このランキングはエリアでの飲食店のランキングです。地域ランキングではジャンルに関わらず、お店を人気順に並べています。

このランキングで上位に入ることができれば、地域でお店を探している中国人のお客様を集客することができます。

近隣ランキング

最後にご紹介するのは地域ランキングです。これは大衆点評でお店を検索している人の半径500メートル以内のお店を順位付けしたランキングです。

このランキングではジャンルなどにかかわらず、大衆点評で人気のお店を並べています。このランキングで上位に入ることができれば、近くでお店を探している中国人のお客様を集客することができます。

大衆点評には3種類のランキングがあることはご理解頂けましたでしょうか?これから大衆点評のインバウンド対策をする飲食店オーナーさんはこの3つのランキングを基準にすることをオススメします。

どのランキングにも、それぞれの特色があり、中国人のお客様の利用シーン別の集客ができます。

口コミはランキングに大きな影響力があるので、頑張れば頑張っただけランキングに反映されます。インバウンド対策をする時には、しっかりとランキングで目標を立てて、口コミを増やしていきましょう!

まとめ

今日は大衆点評の口コミの大切さと増やし方について、カンタンにご説明してきました。大衆点評は中国人向けインバウンド対策としてはスゴく効果がある対策です。

東京オリンピックも控え、中国人観光客も増え続けているので地道な対策ですが、しっかりと対策することをオススメします。

今日も僕の記事を読んでくださり、ありがとうございました。