【第3のコロナ対策】飲食店が移動販売で新型コロナを乗り越えるという選択!キッチンカーに必要な許可から導入方法まで!

【第3のコロナ対策】飲食店が移動販売で新型コロナを乗り越えるという選択!キッチンカーに必要な許可から導入方法まで!

こんにちは!此田キサです!

昨今、新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けている飲食店の多くは「テイクアウト」もしくは「デリバリー」を導入した、導入の検討をしているという飲食店オーナーさんも多いと思います。

しかし、お店の立地によっては「テイクアウト」も「デリバリー」にも向かないお店もあります!そこで今日は第3の選択である移動販売(キッチンカー)について徹底的に!そしてカンタンにご紹介しちゃいます!

ちなみに動画でもご紹介しています!
YouTubeでご覧になりたい方はこちら!

移動販売で対策をした飲食店

まずご覧頂きたいのがこちらの画像になります!

こちらはNHK「おはよう日本」で4月23日に放送された内容になっています。ここで最初にお伝えしたいことから言わせて頂きます!それは

すでにNHKのニュースになるくらい
移動販売はコロナ対策になっている!

ということなんです。このニュースの要点をまとめるとこちらになります。

・移動販売は飲食店を救っている
・お客さんがいるところで販売できる
・3密を避けて営業することができる
・レンタルなら短期間だけできる

移動販売の飲食店のメリットは他にもありますが、ニュースではこれらが取り上げられていました。ニュースで取材を受けていた飲食店も新型コロナウイルス対策としての「移動販売」を高く評価していました。

参照元記事

飲食店が移動販売を導入するメリット

さっそく移動販売のメリットをご紹介します!

・お客さんの多いところに行ける!
・人件費を抑えられる
・出店場所を見つけやすい
・新型コロナ対策になる
・必要な許可が少ない
 (飲食店経営の場合)
・助成金を受けることができる

大まかにはこれらのメリットが挙げられます。

1つ目の「お客さんの多いところに行ける」は新型コロナで自粛している今にはぴったりのメリットです。

テイクアウトの場合、お店の立地で売り上げが大きく変わってしまいます。住宅街であれば、休校中の子供達や在宅ワークのサラリーマンが購入してくれますが、住宅街以外ではテイクアウトしてくれるお客さん自体がとても少なくなってしまいます。

デリバリーの場合でも、配送のコストやウーバーなどの配送手数料の問題から高額になってしまうため、お店の立地の影響は必ずあります。結局、デリバリーでも住宅街に隣接していないと売り上げを伸ばすことは難しくなってしまいます。

しかし、移動販売の場合では住宅街やタワマンの下に行くことで、自分からお客さんにアプローチすることができます。事前にチラシなどで告知しておけば、かなり効果的に売り上げをあげることができます!

2つ目の「人件費を抑えられる」というメリットも新型コロナで大打撃を受けている飲食店にとっては助かるメリットです。

移動販売は基本的にキッチンカーを利用します。運転免許さえ持っていれば、1人でお弁当やお惣菜の販売をすることができます。そのため、人件費を大幅に削減することができます!

3つ目の「出店場所が見つけやすい」についてです。飲食店オーナーさんの中には「場所の見つけ方なんてわからない‥」という不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。でも、安心してください!

すでにキッチンカーと出店場所を
マッチングしてくれるアプリがあります!

つまり、出店場所が思いつかないオーナーさんでもカンタンに出店場所を見つけることができます。ちなみに、お自身で目をつけている場所がある場合も警察署に許可を取れば、カンタンに出店できます。

マッチングサイトはこちらから

3つ目の「新型コロナ対策にある」についてはニュースのままです。基本的に移動販売は屋外に駐車し、販売を行います。そのため、3密になることはなく、お客さんにも安心して使ってもらえます!

4つ目の「必要許可が少ない」というのもメリットです。ただこちらは「すでに飲食店を開業している場合は‥」という条件がつきます。こちらについては後ほど、詳しくご紹介します。

5つ目の「助成金を受けることができる」というのもメリットになります。こちらは新型コロナ関連の支援で、テイクアウト・デリバリー・に加えて、移動販売も導入費用の一部を助成してくれます。

移動販売のメリットとしてはこちらになります。

移動販売は新型コロナ対策として
飲食店にはピッタリなメリットが
実はたくさんあるんです!!

移動販売を導入すべき飲食店とは?

ここでは移動販売を導入した方がいい飲食店をご紹介します!さっそく結論からお伝えすると

住宅街が近くになく、
人々の出先にあるお店

です。新型コロナの影響で多くの人は自宅から遠出はせず、サラリーマンにしても自宅でのリモートワークをしています。そのため、人々が何かの目的があって出向いている場所に隣接している飲食店はとても厳しいと思います。

出先というのは「レジャー施設に隣接しているお店」や「オフィス街にあるお店」です。人々がレジャーで訪れる商業施設に隣接するお店やオフィス街にあるお店はテイクアウト・デリバリーでは売り上げをあげることは難しいです。

だからこそ、「人々の出先にあるお店」はテイクアウトやデリバリーではなく、移動販売を導入して、お客さんが多い場所で商売をする必要があります。

逆に住宅街にあれば、テイクアウト・デリバリーが良いと思いますし、住宅街に隣接しているのならデリバリーがオススメです。


移動販売の導入は意外とカンタン!?

最後にキッチンカーによる移動販売の導入方法についてカンタンにご説明します。ただ、今回はすでに飲食店を開いているオーナーさんだと仮定します。

まずは大まかな流れはこちらになります。

①事業計画を立てる
(何をどこでどうやって売るか)
②食品衛生責任者の許可を用意する
(基本的にオーナーさんは持っています)
③キッチンカーをレンタルする
(コロナ対策で短期間のため)
④必要な場合は許可を取得する
(3号許可や都市公園許可など)
⑤営業開始

という流れになります。ここからは1つずつ説明していきます。

①は言葉の通り、事業計画を立てるということです。全て自己資金で行う場合は不要ですが、政府の助成金で導入費用の負担を減らす場合、事業計画書が必要になります。

政府の助成金制度についてはこちらをご覧ください!

②についてです。移動販売も飲食店経営の開業と同じで「食品衛生責任者」の許可が必要になります。

移動販売で新規開業する場合は新たに許可の取得が必要ですが、すでに飲食店をやっている場合は取得済みなので問題ありません。ただ、従業員さんがお持ちの場合は、移動販売に携わって貰わなければなりません。

③についてです。今回は永続的な営業ではなく、新型コロナ対策としての一時的な営業と仮定しています。そのため、キッチンカーについてはレンタルを強くオススメしています!理由としては

・短期間ならレンタルが安い!
・初期費用が安く、リスクが低い!
・保健所の許可を取得せずに済む!
 (食品営業許可)
・8ナンバーの取得が不要!

この4つがあります。当然ですが、キッチンカーを購入する場合はかなりの金額がかかってしまいますし、初期費用が高いため、リスクが爆上がりしてしまいます。

新型コロナで体力がない飲食店としては手元の資金を守り、リスクを犯さないことが大切なため、レンタルの方が圧倒的にオススメです。

そして、レンタルがオススメな理由として一番重要なのが、

レンタルキッチンカーなら
食品営業許可がいらない!

ということなんです。移動販売の許可で一番取得が大変なのが「食品営業許可」です。この許可は地方自治体ごとに若干の違いがあり、取得が厳しい物です。ただ、抜け道があります。それは

食品営業許可は人や法人ではなく
車に対して許可が出される!!

ということなんです。つまり、レンタカー業者が保健所の許可を取得していれば、あなたが新たに取得する必要がないんです。

また、レンタカーの場合であれば、8ナンバーもレンタカー業者が取得していることが多いので、こちらの取得もせずに済みます!

④についてです。最後にご紹介するのが「その他必要な許可」についてです。まずは移動販売で必要な許可・資格についてまとめさせて頂きます。

移動販売に必要な許可・資格

・食品営業許可
・食品衛生責任者
・8ナンバー
・運転免許証
・3号許可(道路使用許可)
・都市公園許可(公演使用許可)

こちらが必要になります。
食品営業許可〜運転免許証までは必須な許可になります。しかし、

3号許可と都市公園許可は
必須の許可ではありません

というのもこれらの許可は道路で販売する場合や公園に出店する場合のみ必要になるからです。今回のような新型コロナ対策の場合では、3号許可が必要になるか、ならないかくらいです。

移動販売の導入費用には助成金がある!

最後に移動販売の導入費用を助成してくれる制度をご紹介します。この記事でもしばしばご紹介していますが、全国の飲食店が使える「小規模事業者持続化補助金」や東京都の飲食店が使える「業態展開支援事業」などがあります。

これらの支援制度は全額負担してくれるわけではありませんが、かかった費用の大半を助成してくれます。

ご興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

東京都の業態転換支援事業

全国飲食店が使える小規模事業者持続化補助金

【期間限定】実質無料でUber eats導入キャンペーン

新型コロナウイルスで大打撃を受けている飲食店様の支援のため、期間限定で実質無料Uber eatsの導入支援キャンペーン中!

Uber eats導入だけでなく、お問い合わせやご相談も無料でご対応させて頂いております!

 Uber eats導入がオススメの理由

・導入しても休業補償金を受け取り可能!※
・商圏が広がり、多くのお客様を集客可能!
・Uberアプリ掲載でお店の認知アップ!
・キッチンスタッフだけで人件費削減可能!
※各自治体の公式発表をご確認ください

Uber eats導入企業様

大手企業様だけでなく、多くの個人店様にも導入して頂いております!Uber eats導入にご興味のある方はお気軽に無料相談・資料請求ください!

お問い合わせはこちら!