コロナウイルス流行が飲食店に与える大打撃と今だからこそ効果的な完全無料アルバイト採用を徹底解説!

コロナウイルス流行が飲食店に与える大打撃と今だからこそ効果的な完全無料アルバイト採用を徹底解説!

こんにちは、此田キサです!

現在、コロナウイルスの影響で多くの飲食店が大打撃を受けており、お困りになっている飲食店オーナーさんも多くいらっしゃると思います。

しかし、コロナウイルスによるピンチをチャンスに出来る飲食店さんがあるということも事実です。今日はコロナウイルスで日本が大打撃を受けている今だからからこそ出来る、完全無料アルバイト採用をお伝え致します。

今回お伝えするアルバイト採用方法はコロナウイルスの影響を受けている今だからこそ効率的な完全無料で質の高いアルバイトを集めることができます。一方で、この採用方法を使うことができる状況の飲食店が限られています。

※本日お伝えする内容は一部の限られた飲食店オーナーさんにのみお伝えできる内容です。以下の条件に当てはまる飲食店のオーナーさんには不適切な内容になっているため、該当されるオーナーさんのお役に立たないことをご了承ください。

・アルバイトのシフトを削っているお店
・アルバイトに出勤停止命令を出しているお店
・コロナ以前から深刻な人手不足ではないお店

それではどうぞ!

コロナウイルスで飲食店が影響を受けている4つの原因

まずはコロナウイルスの流行によって飲食店が大打撃を受けてしまっている原因を4つほどお伝え致します。すでにご存知の方は飛ばしてくれても大丈夫です!!

イベント中止

まず、挙げられるのが「イベント中止」です。この影響を受けているのが商業施設内や施設近隣の飲食店です。

現在の日本では、2月26日には安倍晋三首相が全国的なスポーツやイベントの中止や延期などを要請しました。その影響でアーティストのライブツアーや大型テーマパークの臨時休園など人が集まるイベントの多くが自粛をしてしまっているのが現実です。

その影響でいちばん大きな影響を受けてしまっているのが飲食店です。客寄せであるイベントが自粛することによって、施設内にある飲食店はもちろん、近隣にある飲食店も客足が遠のいてしまっています。

イベント需要をターゲットにしているお店は、イベントがなくなるとお客さんが全く来なくなってしまうこともあり、イベント中止が飲食店に大きな影響していることがお分かりになると思います。

休校・在宅ワーク

次に挙げられるのが「休校・在宅ワーク」です。この影響を受けているのが都心部にある飲食店です。特にランチを提供しているお店やビジネス街にある飲食店、学生たちが立ち寄れるような軽食店が多いです。

2月26日のイベント自粛要請に続き、2月27日には安倍首相が学校の臨時休校を要請し、多くの学生が自宅から出なくなっています。これまで彼らが立ち寄っていた都心部の軽食店に行くことはなく、そういった軽食店にはお客さんが減ってしまっています。もともと学生など若年層が多かったお店なので、学生がいなくなると一気に冷え込んでしまいます。休校でこのような飲食店が影響を受けています。

また、GMOや電通などをはじめ在宅ワーク(リモートワーク)を導入する企業も増えてきました。在宅ワークが増えることで埼玉や千葉、神奈川に住んでいるサラリーマンが東京に出てくることが無くなります。

そうなると、都心部のビジネス街にある飲食店にはお客さんが来なくなってしまいます。ランチタイムはもちろん、仕事帰りにサラリーマンが立ち寄っていた居酒屋などにお客さんが来なくなってしまっているんです!これが休校・在宅ワークが飲食店に与えている影響です。

団体客キャンセル

次に挙げられるのが「団体客のキャンセル」です。この影響を強く受けているのが渋谷や新宿など、ターミナル駅近くの飲食店が多いです。もちろん、ターミナル駅だけではなく、多くの飲食店でも同じような現象が起きています。特に友人同士などが集まって祝い事をするようなお店や接待で使われるようなお店が大打撃を受けています。

予約団体客は飲食店にとってスゴく大切なお客さんです。食べログやぐるなびなどのグルメ系サイトからお客さんを集めている飲食店にとっては団体客が予約をキャンセルする上に、グルメ系サイトの掲載料ばかりかかってしまうというダブルパンチを食らってしまっています。

また、接待で使われるようなお店は料金設定も高く、1組のキャンセルで生じる損失はとても大きくなってしまいます。友人や接待客と会いやすいターミナル駅周辺の飲食店まで大きな影響を受けてしまっているんです。

インバウンド減少

最後に挙げられるのがインバウンド客の減少です。この影響を受けているのが日本人ではなく、訪日外国人をメインターゲットにしている飲食店です。中国人に人気のお店はもちろんですが、欧米人などがターゲットのお店も大打撃を受けています。

実は日本は世界でもコロナウイルスの感染者が多い国なんです。今では欧米人などは日本旅行を避けていますし、中国人も日本での感染を避けて、日本にくることを避けています。つまりインバウンド客をメインターゲットにしていた飲食店はそもそもお客さんが日本にきてすらいないという問題に直面しているんです。

以上がコロナウイルスの影響を受けている飲食店の現状です。もちろん、いま挙げさせて頂いた飲食店だけでなく、他の飲食店でも大きな影響が出ていると思います。ただ、ここでお伝えしたいのはコロナウイルスが大打撃を与える飲食店はとても多いということです。

コロナウイルスの影響でアルバイト採用は超買い手市場!

ここまでコロナウイルスの流行が飲食店にどのように打撃を与えているのか、どの程度大きな影響を与えているのかについて説明させて頂きました。

コロナウイルスの流行で苦しんでいらっしゃるオーナーさんが多いことも、そういった中でこのような提案をすることで傷つけてしまう人がいることも存じ上げております。

しかし、今回のコロナウイルス流行はピンチなだけでなく、チャンスにもなりうるということをお伝えさせて頂きたいと考えております。

さて、本題に移ります。

現在の日本ではほとんどの飲食店が常に人手不足に陥っています。原因としては少子化による学生の減少や飲食店バイトのブラックイメージなど様々な原因がありますが、ほとんどの飲食店でアルバイトをはじめとする人手不足が深刻になっています。

しかし、今回のコロナウイルス流行で
アルバイト採用は超買い手市場になっているんです!

というのも多くの飲食店がお客様離れが進み、アルバイトの募集を停止しているからなんです。募集を停止しているだけならまだしも、雇用しているアルバイトのシフトを削ったり、出勤停止命令を出している飲食店さんも多いのが現実です。

実際にアルバイトの募集を中止している飲食店が多く、タウンワークやマッハバイトなどの飲食店の求人掲載数は急激に減少しています。気になる方は求人媒体の飲食店掲載数をみてください!掲載数はかなり減少していますよ!一方で、飲食店でのアルバイトを探している求職者の数は変わりません。

むしろ、シフトが削られたことで
他の飲食店バイトを探す人が増えているんです!

つまり、あなたのアルバイト争奪戦ライバルたちがいなくなった上に、飲食店でのアルバイトを探している求職者の数は増えているんです!これは深刻な人手不足になっている飲食店にとっては大チャンスでもあります!

もちろん、今働いているアルバイトのシフトを削っているような状況の飲食店オーナーさんにとってはまったく関係のない話だと思います。

ただ、コロナウイルスの流行前から
深刻な人手不足になっている飲食店や
流行中でも人手不足が続く飲食店には
またとない大チャンスなんです!!!

さらに!超買い手市場だからこそのメリットは「ライバルがいなくなって採用しやすくなる」ということの他にもあります。それは

質の高いアルバイトを雇える!

というメリットです。これまでは求職者が飲食店を選んでいましたが、超買い手市場の今では飲食店がアルバイトを選ぶことができます!

これまでは数多くのライバルたちとアルバイト争奪戦をしていて、応募者の数が少なかったお店も多いと思います。応募者が少ないから仕方なく、スキルのない人や難がある人を採用しないといけない飲食店が多かったと思います。

しかし、今なら応募者の中からキッチンスキルの高い人や経験のある人など、あなたが欲しい人材を選んで採用することができるんです!

とはいえ、
「お客さんが入っていないのに求人媒体にお金を払ってまでアルバイトの募集はできない‥」

という飲食店オーナーさんもいらっしゃると思います。
でも、安心してください!!
次は超買い手市場だからこそ効果的な完全無料のアルバイト採用をお伝え致します!

コロナウイルスはチャンス!?
求人ボックスは完全無料で採用できる!

先ほど、コロナウイルス流行の影響で超買い手市場になっていることはお伝え致しました。そして、ここでご紹介するのは完全無料でアルバイトする方法です!!

さっそく結論からお伝え致します!

求人ボックスの無料掲載を利用する!

という方法です。ご存知のオーナーさんも多いと思いますが、求人ボックスは完全無料で人材を採用することができます。一方で利用したことのあるオーナーさんなら感じている方も多いと思いますが、無料掲載だとなかなか採用ができません。

ちなみに「求人ボックスって何?」という方には詳しく説明した記事がございます。ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

話を戻させて頂きます。

実際に私も完全無料で求人ボックスを利用していますが、応募は1ヶ月に1人程度です。ですが、こちらの画像をご覧ください!!

な、なんと、3日の間に2人も応募が入っています!!
あくまで僕個人の経験則ですが、無料掲載の求人ボックスから応募が短期間でこんなに入ってくることは、ほとんどありません!!

求人ボックスは検索課金型のため、他の求人媒体からも求人を転載しています。しかし、今回のコロナウイルス流行で、求人掲載数が減少したため、無料掲載でも求職者に見てもらえたんだと思います。

実際に2人の応募者のうち1人は採用が決まりました!!
無料掲載のままではなかなか採用ができない求人ボックスでも今の時期ならカンタンに採用できてしまったんです!

平常時ではタウンワークやマッハバイトに高額なお金を払っても採用できるかわからないリスクがありますよね?でも、コロナウイルスが流行している今ならお金を一切払わないで採用ができるんです!

ただ、求職者の希望通りにシフトを入れられる飲食店も少ないと思います。しかし、お店の状況を話し、求職者の理解を得た上で可能な限りシフトに入れてあげれることをオススメします。

今の日本ではシフトを削られて日常生活が立ち行かない人も多いので、感謝されることは間違いないと思います。感謝されれば、コロナウイルスの騒動が落ち着いた後もあなたのお店で継続して働いてくれる貴重な戦力になると思います!

最後に求人ボックスのアカウント作成から求人掲載までをまとめた記事をご紹介させて頂きます!求人掲載まではだいたい20分くらいでできます。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧ください!


まとめ

今日はコロナウイルス流行が飲食店に与えている影響と、そんな今だからこそできる完全無料のアルバイト採用についてカンタンにご説明させて頂きました。

何度も申し上げますが、コロナウイルス流行は多くの飲食店にとって大ピンチです。ただ、ピンチをチャンスに変えられるお店もあります。これが今日僕がお伝えしたかったことです。

お気を悪くされるオーナーさんもいらっしゃると思います。もしお気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。

今日も僕の記事を読んでくださり、本当にありがとうございました!
僕の記事であなたのお店のピンチがチャンスになれれば、とても嬉しいです!