【感染症拡大防止協力金】神奈川の飲食店が使える感染症拡大防止協力金の基本情報から申請方法まで緊急解説!

【感染症拡大防止協力金】神奈川の飲食店が使える感染症拡大防止協力金の基本情報から申請方法まで緊急解説!

こんにちは!此田キサです!

東京都や大阪府だけでなく、同じく大都市を複数抱える神奈川でも飲食店支援はあります!今日は神奈川県の飲食店がもらえる新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について基本情報から申請方法まで徹底解説します!

ちなみに動画でもご紹介しています!
YouTubeでご覧になりたい方はこちらから!

感染症拡大防止協力金はもらえるお金?

「協力金って何?」「返済義務ってあるの?」

こんな疑問を持たれる飲食店オーナーさんは多いと思います。さっそく結論からお伝えします!

感染症拡大防止協力金には
返済義務はありません!
完全にもらえるお金です!

そのため、助成金や補助金のようにもらえるお金なんです!今回の感染症拡大防止協力金は助成金と同じだと思って頂いて大丈夫です!

つまり、要件さえ満たせば
誰でも必ずお金をもらえる!

ということなんです。ちなみに補助金とは少し異なります。補助金では「要件を満たした上で、認められた場合のみ」お金をもらうことができるからです。

ともかく、今回の感染症拡大防止協力金は「要件さえ満たせば、みんながもらえるお金」なので、飲食店オーナーさんとしては必ず申請することをオススメします!

感染症拡大防止協力金の支給金額

さっそく結論からお伝えしちゃいます!公式の発表ではこちらが対象になっています。

飲食店は一番下の「夜間営業時間の短縮要請対象の施設の事業者」に該当します。つまり、

飲食店の支給額は10万円

と言うことになります。東京や大阪に比べると支給額はかなり少なく感じてしまいますし、実際に神奈川の飲食店支援は弱いと言わざるを得ません。

神奈川県の飲食店オーナーさんには政府の飲食店支援である『持続化給付金』の利用もオススメしています。『持続化給付金』と神奈川の『感染症拡大防止協力金』を合わせれば、

個人オーナーさんなら110万円!
法人オーナーさんなら210万円!
合計で、もらうことができます!

政府の『持続化給付金』の基本情報から申請方法までまとめた記事があります。こちらのリンクからどうぞ!

感染症拡大防止協力金の対象/条件

次に感染症拡大防止協力金の対象者/条件についてご紹介します。ここでは飲食店に絞り、ご紹介させて頂きます。飲食業以外の方は下部の公式サイトをご覧ください。

①令和2年4月10日以前に開業し、営業実績がある
②営業時間短縮・酒類提供時間短縮の協力をした
③4月24日〜5月6日の期間に営業時間短縮の協力する

こちらが条件になります。飲食店の場合はこの3つの条件を満たせば、協力金の対象になる見通しです。

神奈川県公式サイト
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/
jf2/coronavirus-kyoryokukin/index.html


感染症拡大防止協力金の支給時期

令和2年5月上旬から順次配布

基本的には早く申請した事業者から支給されます。そのため、懐に余裕がない飲食店オーナーさんはなるべく早い申請をオススメしています。

感染症拡大防止協力金の必要書類

こちらも飲食店に絞り、ご紹介します。飲食業以外の方は公式サイトからご覧ください。

申請に必要な章類

・協力金交付申請書
・振込先口座の通帳の写し
・事業活動を証する書類
(個人:営業許可証の写しなど)
(法人:営業許可証の写しなど)
・事業内容がわかる書類
(HPやパンフレットの写し)
・平常時の営業時間がわかる書類
・営業時間短縮がわかる書類
(HPや店頭ポスターなど)
・本人確認書類(個人のみ)
・役員氏名一覧(法人のみ)
・営業時間短縮した施設一覧
(複数の施設がある場合のみ)

申請に必要な書類はこちらになります。『事業活動を証する書類』では「営業許可証の写し」以外でもOKな書類があります。営業許可証以外の書類をご希望の場合は、こちらの画像からお探しください。

書類のダウンロードはこちらから!
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/
jf2/coronavirus-kyoryokukin/index.html

感染症拡大防止協力金の申請方法

申請開始日

令和2年4月24日〜

申請期間

令和2年4月24日〜2021年6月1日

申請方法

・郵送による書類の送付

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町75 神奈川自治会館8階
神奈川県新型コロナウイルス拡大防止協力金事務局

・オンラインによる申請
神奈川県電子申請システムの申請フォーム
※食事提供施設の申請フォームです

飲食業の公式申請サイト

オンライン申請の流れ

ここからはオンライン申請方法を具体的に画像を入れてご紹介します!

①申請フォームを開き、赤枠をクリックする

②申請情報を入力するⅠ
・最初のFAX・メールは空白でOK
・連絡先メールはすぐに確認できるアドレス!
・短縮期間は必ず4月24日〜5月6日を含める!
・営業終了時間は必ず20時までにする!
・酒類提供は必ず19時までにする!

③申請情報を入力するⅡ
・添付書類は全て添付する!
・「確認へ」をクリックする!

③「確認」「申請」をクリックする

これで感染症拡大防止協力金の
オンライン申請は完了です!

あとは登録したメールアドレスもしくは電話番号に神奈川県から連絡がきます。協力金については5月上旬から順次振り込まれてきます!

【期間限定】実質無料でUber eats導入キャンペーン

新型コロナウイルスで大打撃を受けている飲食店様の支援のため、期間限定で実質無料Uber eatsの導入支援キャンペーン中!

Uber eats導入だけでなく、お問い合わせやご相談も無料でご対応させて頂いております!

 Uber eats導入がオススメの理由

・導入しても休業補償金を受け取り可能!※
・商圏が広がり、多くのお客様を集客可能!
・Uberアプリ掲載でお店の認知アップ!
・キッチンスタッフだけで人件費削減可能!
※各自治体の公式発表をご確認ください

Uber eats導入企業様

大手企業様だけでなく、多くの個人店様にも導入して頂いております!Uber eats導入にご興味のある方はお気軽に無料相談・資料請求ください!

お問い合わせはこちら!

まとめ

今日は神奈川県の支援である感染症拡大防止協力金をご紹介させて頂きました!持続化給付金は飲食店にとっては心細い金額ではありますが、完全にもらえるお金ですし、申請もとてもカンタンです。

ですので、個人的には申請をして10万円の給付を受けることをオススメします。今日も僕の記事を読んでくださり、ありがとうございました!