【完全無料でバイト採用?】採用のプロが求人ボックスの特徴と掲載料金を徹底解説

【完全無料でバイト採用?】採用のプロが求人ボックスの特徴と掲載料金を徹底解説

こんにちは!採用プロ、此田キサです!

「結局、求人ボックスってどうなの?」
「完全無料で採用できるってホント?」

最近、よく聞く「求人ボックス」について、このような疑問をもつ飲食店オーナーさんも多いじゃないでしょうか?たしかにタウンワークなどの掲載金型の求人媒体やマッハバイトのような応募課金型と違い、検索課金型の求人ボックスはわかりにくいと思います。

今日はそんな飲食店オーナーさんに、飲食店向け人材派遣会社で採用をしていたプロが「求人ボックス」の仕組みやメリット・デメリットを徹底解説しちゃいます!!

それではどうぞ!!

求人ボックスってなに??

「そもそも求人ボックスってなんなの?」

毎日、接客からキッチン、仕入れ管理、売上管理まで、お店に関係することは全てやっている飲食店オーナーさんの中には、なかなかアルバイト採用まで手が回らない方もいらっしゃると思います。

ですので、今日は「そもそも求人ボックスってなに?」というところから説明させて頂きます。「求人ボックスはもう知っているから説明はいらない」という方は飛ばしてくれても大丈夫です!

まず、求人ボックスとは
人材採用のための求人媒体です!

飲食店向けに特化していたり、アルバイトに特化しているというわけではないので、飲食店以外の求人も掲載されていますし、正社員や派遣社員の求人も掲載されています。

つまり、マイナビバイトやバイトルのような多くのアルバイト採用求人媒体とおんなじで色んな業種の求人があります。一方で、多くのアルバイト専用の求人媒体とは異なり、正社員や派遣社員の求人も掲載されているという特徴もあります。

そんな求人ボックスですが、運営している会社は飲食店オーナーさんには馴染みのある会社なんです。実は求人ボックスは「食べログ」を運営している「価格コム」という会社のサービスなんです。

食べログをご利用中のオーナーさんなら、「食べログページに求人を掲載することができますよ〜」と食べログの営業マンに言われたことはないですか?

求人ボックスは食べログと同じ会社がやっているんですよ!

話を戻します。

求人ボックスはこれまでの求人媒体とは違う特徴を持っています。まず、求人ボックスは、タウンワークなどの掲載課金型とも、マッハバイトなどの応募課金型とも、マイベストジョブなどの採用課金型の求人媒体とも異なった料金形態を取っています。

求人ボックスの料金形態には様々な呼び方がありますが、僕個人としては

求人ボックスは検索課金型の求人媒体!

と呼んでいます。
「検索課金型??余計にわかりづらいよ!!」
こんな声が聞こえてきそうなので、すぐにお答えします。

求人ボックスの有料掲載では
あなたの求人が見られた回数分の
料金がかかるという料金形態

なんです。もっとカンタンにお伝えすると、検索課金型の求人媒体は「求人掲載は無料!応募にもお金がかからない!採用にもお金がかからない!でも、あなたの求人がクリックされた回数分のお金を払ってくださいね」というサービスなんです。

もっとも、応募や採用の前には必ずクリックされるので、厳密には応募や採用にお金がかからないというわけではありません。ただ、応募数や採用数で料金が発生するわけではないことを頭に入れておいてください。

求人ボックスと同じ検索課金型を採用している求人媒体には「indeed」があります。indeedも最近出てきたサービスですよね?検索課金型の求人媒体はいちばん新しい種類の求人媒体なんです。

ここまでが求人ボックスの自己紹介です。ちなみに「求人媒体の違いについて詳しく知りたいよ」という方には、違いを説明したこちらの記事がオススメです。

最後に検索課金型の求人媒体が掲載課金型や応募課金型と大きく異なる点について説明させてください。それは、掲載されている求人の種類と数です!!

実は検索課金型の求人媒体には
他の求人媒体の求人も載っている!!

という特徴があります。もっとカンタンに説明すると、検索課金型の求人媒体には、検索課金型で求人を作成をしたお店の求人をもちろんですが、掲載課金型や応募課金型で掲載されている求人媒体も掲載されているんです!!いわゆる転載と呼ばれるシステムです。

なぜ、検索課金型の求人媒体にお金を払っていない求人も載せてあげているのかというと、それはアルバイトを探している求職者を囲い込むためです。

検索課金型の求人媒体は、彼らのサイトをたくさんの人に使ってもらって、たくさんの人に検索してもらえないと、収益が上がりません。そのため、インターネット上に載っている全ての求人をぜんぶ載せることで、求職者を囲い込もうとしているということなんです。

つまり、検索課金型の求人媒体である求人ボックスにはタウンワークやマッハバイトなどの掲載金型や応募課金型の求人はもちろん、企業ホームページの採用情報も掲載されています。

なんとなく求人ボックスについて、ご理解頂けましたでしょうか?

次は求人ボックスの利用者数について、説明しちゃいます!

求人ボックスの利用者数は増加中!!

先ほど、検索課金型の求人媒体はいちばん新しいサービスとお伝えしました。しかし、求人媒体の中ではいちばん新しいといっても、求人ボックスの利用者数は激増しているんです。

まずはこちらをご覧ください!

引用:求人情報の一括検索サイト「求人ボックス」、 月間利用者が 300 万人を突破
https://corporate.kakaku.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/20190306a.pdf

ご覧頂けるとわかると思いますが、求人ボックスの利用者数は急増しているんです!!

このレポートは求人ボックスを運営しているカカクコムが2019年3月に発表した数字になります。求人ボックスはサービススタートしてから順調に利用者数が伸ばしていて

月間300万人が利用しているんです!

しかも、その後も月間利用者数は伸び続けていて、この2ヶ月後にカカクコムが発表したレポートでは月間利用者数は400万人まで増加しています!つまり、

たった2ヶ月で100万人も利用者が増え
現在は400万人以上が利用しています

どうでしょうか?
いちばん新しいサービスとはいえ、求人ボックスの利用者はめちゃくちゃ増えているんです。日本の人口は1億人なので、単純計算をすると、25人に1人が使っている計算になります!あなたが思っていたよりも、求人ボックスの利用者数は多いのではないでしょうか??

この数字と聞いて、求人ボックスに興味を持たれた飲食店オーナーさんも多いと思います。ここからは求人ボックスについて、もっと詳しく説明しちゃいます!!

求人ボックスは新着求人数が日本トップクラス!

次にご紹介する求人ボックスのスゴさは「新着求人数の多さ」です。実は求人ボックスは新着求人数が日本トップクラスなんです。その理由に関しては、先ほど申し上げた「他の求人媒体に掲載されている求人も求人ボックスに掲載される」ということが挙げられます。

例えば、1ヶ月の間にタウンワークが100件、マイナビバイトが100件、バイトルが100件、マッハバイトが100件、マイベストジョブが100件の新着求人の掲載があったとしたら、検索課金型の求人ボックスには500件の新着求人が掲載されているんです!!

「新着求人が多かったら、ライバル多いってことだろ?
 じゃあ、うちの求人見てもらえないじゃん!!」

こんな声も聞こえてきそうなので、しっかりとお答えしたいと思います。

たしかに求人数が多いと、あなたの求人を見てもらえる可能性が低くなってしまうと思ってしまうかもしれません。でも、逆に考えてください!

求人掲載数が多いと求職者にとって
すごく便利で、求人ボックスを使う人が増えます!
すると、あなたの求人を見てもらえる可能性も
人数も自然と多くなってくるんです!!

たしかに求人数が多くなってくるとあなたのライバルが増えてしまうように感じますが、それ以上に求人を探す人が増えてくるんです。

だからこそ、求人ボックスに求人を掲載することで、アルバイトを採用できる可能性が高くなってくるんです!


求人ボックスの利用者層は?

次にご紹介するのが求人ボックスの利用者層です。あなたのお店も、大学生が良いであったり、主婦層が良いであったり、年配の職人が良いであったり、お店の雰囲気に合ったアルバイトにきて欲しいですよね??

例えば、若い子が欲しいならバイトル、ミドル層が欲しいならタウンワークのように、利用者層を考えた求人媒体を選びますよね?では、求人ボックスの利用者層とは誰なのかというと、

求人ボックスの利用者は女性が多く、
年齢層はバランスよく分かれている!

という感じになっております。わかりやすいこちらの図をご覧ください!

ご覧頂けると一目瞭然ですが、男性よりも女性の方が利用者が多い傾向にあります。これに関しては、主婦さんなどパート探しをしている利用者が多いため、女性の方が多くなっているということが考えられます。

アルバイト採用においても、ランチタイムでの人手不足が問題になっていますよね?ランチタイムの人材補強をするには、求人ボックスは効果的かもしれません。

次にこちらの画像をご覧ください!

こちらは求人ボックスの利用者の年齢層になります。ご覧頂けるとお分かりになると思いますが、求人ボックスの利用者の年齢層はバランスよく綺麗に分かれています。

そのため、求人ボックスで求人を掲載することで幅広い年齢層のアルバイトを採用することができます。一方で24歳以下の利用者がとても少なくなっているのも事実です。

高校生や大学生などの学生をメインに採用したいという方には、求人ボックスはあまり向かないかもしれません。学生をメインに採用したい場合は求人ボックスではなく、バイトルのような若年層が多い求人媒体を使った方が効率が良いかもしれません。

求人ボックスの利用者層についてご理解頂けましたでしょうか?ご紹介させて頂いたデータは求人代理店大手のネオキャリアさんが出した数値なので、信用できるデータだと思います。

引用:ネオキャリア ポータル
https://www.neo-career.co.jp/humanresource/middlecareerservice/webad/kyuzinbox/

求人ボックスは掲載料金は完全無料!!

ここでご紹介するのが求人ボックスのいちばんのメリットです。飲食店オーナーのあなたなら、求人掲載には絶対にお金がかかってしまうものだと思っていませんか??

たしかにタウンワークやマイナビバイト、バイトルのような掲載金型の求人媒体では求人掲載をする前に必ずお金を支払う必要がありますし、マッハバイトのような応募課金型の求人媒体では応募人数に応じて、後払いでお金を支払う必要がありますよね?

求人ボックスやインディードなどの検索課金型の求人媒体が登場するまでは、アルバイト採用のための求人利用には必ずお金がかかってしまっていました。しかし、

検索課金型の求人媒体の登場によって
現在は完全無料で採用ができるんです

どうでしょうか??
初めて聞くオーナーさんにとっては驚きの事実ではないでしょうか??実際に僕自身も求人ボックスを運用していますが、お金は一切かかっていません!!

お金を一切払っていないのにも関わらず、人材採用をし、飲食店向けの人材を飲食店様にご紹介できています。ただ、完全無料であるため、ちょっとした手間があります。

実は求人ボックスに掲載する求人原稿は
あなた自身が作成しなければならない!

という注意点があります。掲載金型の求人媒体ではほとんどの場合、求人原稿は担当者が代わりに作成してくれますよね?しかし、求人ボックスではあなた自身で作成しなければなりません。完全無料である代わりに、手間がかかってしまうのが求人ボックスの難点です。

しかし、裏を返せば、自分自身で求人作成できるということは強みでもあります。あなたのお店を一番知っているのは誰でしょうか??それはあなたですよね?決して、担当者ではありません。

そういった点では、あなた自身で求人を作成することは大きな強みにもなります。求人の作成にはもちろん、ノウハウが必要です。ですが、そのノウハウもThe Restaurantでは無料で公開しています。ノウハウさえ学べば、業者に頼らずにアルバイト採用ができるようになりますよ。

求人原稿の作成方法について詳しくまとめた記事がこちらになります。求人ボックスの求人作成にご興味のある方にはこちらの記事がオススメです。

求人ボックスのリスティング広告料金とは?

最後にご紹介するのが、求人ボックスの『リスティング広告料金』についてです。ここまで記事を読んでくださった方なら、「完全無料で求人掲載できるなら求人ボックスは儲からないよね?なんでやってるの?」という疑問をお持ちになっていると思います。

この『リスティング広告料金』こそがあなたの疑問に対する答えになります。リスティング広告料金について説明する前に「リスティング」自体について説明させてください。

まず、リスティングとは「検索結果に連動して表示される広告」という定義になります。わかりにくい説明なので、もっとカンタンにしちゃいますと、

リスティング広告とは検索に使ったワードから
その検索者の探している情報を推測して、
見込み度合いが高い人にのみ広告を表示する

というシステムになっています。具体的な説明をすると、あなたは渋谷で居酒屋を開いているとします。リスティング広告とは、求人ボックスで「渋谷 居酒屋」と検索した人にあなたのお店の求人を優先的に表示するということができます。これが求人ボックスにおけるリスティング広告になります。

そして、求人ボックスはこのリスティング広告を収益としています。お店の人手不足が深刻でアルバイトを「急募」しないといけない時にリスティング広告を利用することが多いです。なので、求人ボックスは急募したいお店からお金をもらって運営しています。

これが求人ボックスにおける『リスティング広告料金』です。

つまり、求人ボックスは「完全無料で求人掲載から採用までできるけど、効果的な掲載にしたい人だけお金を払ってね!」というサービスなんです。

求人ボックスのメリット・デメリット

ここまで求人ボックスの仕組みや有料プランについてカンタンに説明させて頂きました。最後に求人ボックスを実際に運用している僕が思う求人ボックスのメリット・デメリットについてカンタンにまとめさせて頂きます。

求人ボックスのメリット
・完全無料でアルバイト採用できる
・掲載期間に縛りがなく、通年募集可能
・自分で求人を作成することができる
・求人の訂正をすぐにできる
・好きなタイミングで好きな期間だけ有料にできる

求人ボックスのデメリット
・無料プランだと応募が集まりにくい
・クリック課金のため、応募が保証されない
・求人を作成する手間がある
・お店の写真を掲載できない

求人ボックスを運用して僕が感じたメリット・デメリットはだいたいこんな感じです。求人ボックスは完全無料でアルバイトを採用できるというメリットがある一方、有料プランじゃないとなかなか応募が集まりにくいというデメリットもあります。

無料プランの場合、求職者の探しているエリアやお店の雰囲気、勤務時間など就労条件がぴったりだった時に応募があるといった感じです。ただ、あなたのお店の時給が飛び抜けて高かったり、日払い制度のように求職者が求める制度があったり、求職者が働くことにステータスを感じたり(スタバなど)するようなお店であれば、無料プランでもアルバイトの応募は集まってきます。

これらのような求職者を惹きつける魅力があれば、すぐに求人ボックスを無料で使い始めることをオススメします。では、これらの特徴がないお店は求人ボックスの利用をやめたほうがいいかといったら、そうではありません!!

求人ボックスは完全無料でアルバイトを採用できる素晴らしい求人媒体です。そして、あなたのタイミングで有料プランに変えられますし、好きなタイミングで有料プランをやめることができますし、何より通年掲載が可能です。

なので、通常時は応募が来たらラッキーという気持ちで求人ボックスに求人を掲載しておき、アルバイトをすぐに欲しいという場合のみ有料プランを使うことをオススメします。

とにかく飲食店オーナーさんであれば、求人ボックスには通年で求人を掲載し続けることをオススメします。

求人ボックスの求人掲載の方法についてはこちらの記事でまとめています。飲食店オーナーさんは必ず見ることをオススメします。

まとめ

今日は求人ボックスについてカンタンに説明させて頂きました。

かつては求人には絶対お金がかかっていましたが、今はお金を一切かけないでアルバイトを集めることができる時代になりました。飲食店オーナーさんにとっては驚きの事実だったかもしれません。

しかし、集客と同じくらい飲食店経営に重要なアルバイト採用は飲食店オーナーさんに不可欠なノウハウになってきました。

僕の記事があなたのお店の繁盛の助けになれば、嬉しく思います。

今日も僕の記事を読んでくださり、ありがとうございました。