【MEO上位表示への道】Googleマップ上位表示のポイントを徹底解説!

【MEO上位表示への道】Googleマップ上位表示のポイントを徹底解説!

こんにちは、此田キサです!

「MEO対策を始めたけど、全然上位表示できていない…」

「アプリでしっかり投稿も返信もしてるのに効果がでない…」

このように悩んでいる飲食店オーナーさん
いらっしゃいませんか?

「業者に頼むにはお金がかかりすぎるし、
 自分でも出来ると聞いてやってみたけど、
 全然順位が上がってない。
 やっぱ、業者に頼むしかないのかなぁ」
なんて思ったり。

いえ、あなたは間違っていません!
あなたがこれまでやってきたMEO対策は
もしかして、「Googleマイビジネス」の
運用だけじゃないですか?

確かにGoogleマイビジネスの運用はMEO対策で
とても大切な要素の1つです。

まだ周りの飲食店がMEO対策をやっていなかった時は
Googleマイビジネスだけで上位表示することができました。

今は「MEO対策」が飲食業界の主流になってきた
今だからこそ必要なMEO上位表示のポイントを伝授します!

MEO対策ってなに?
MEO上位表示ってなんのこと? 

MEO対策とは正式名称「Map Engine Optimization」
と言って、その略がMEOと呼ばれています。

カンタンに説明すると、
GoogleやGoogleマップであなたのお店を
たくさんのお客様に見てもらえるように
対策をするということです。

MEO対策をすることで、
Googleであなたのお店がライバルよりも上に表示され、
ライバルよりも新規のお客様を獲得することができます。

「MEO対策ってなに?」
という方にはMEO対策について
カンタンにまとめているこちらの記事がオススメです

MEO対策が飲食店に必要な理由

「MEO対策が大切だよ〜」なんて、
言ってくる友人や営業マンに心当たりはありませんか?

でも、「なんで大切なの?」という質問に
しっかりとした返事を得られなかったんじゃないでしょうか?

ここではMEO対策が飲食店に必要な理由をご説明します。

結論から言っちゃいます!
MEO対策が飲食店に必要なのは

・スマートフォンの普及

・グルメ系サイトの費用対効果の悪化

・見込み客への有効なアプローチ

この3つが飲食店にMEO対策が必要な理由です。

こちらも詳しく別記事にまとめています。
詳しく知りたい方はこちらの記事必見です!

MEO上位表示が難しくなった理由

「MEO対策をアプリで始めたけど、上位表示できない」
「投稿や返信もしているのに、効果が出ない」

僕もこんな相談を最近になって、
よく聞くようになりました…

まず、なぜ「あなたは上位表示できなかった」のかを
お教え致します。

理由はカンタンです。

あなたのライバルもMEO対策を
するようになったからです!!

僕も前の記事で「MEO対策はアプリで出来てカンタン」という記事を書かせて頂きましたが、
カンタンだからライバルたちもMEO対策を
スマホアプリでやっているんです。

実はスマホアプリ(Googleマイビジネス)で
出来るMEO対策は数あるMEO対策方法の
たった1つの要素でしかないんです。

これまではライバルが「Googleマイビジネス」の運用ですらやってなかったので、あなたは「Googleマイビジネス」を運用するだけで、MEO上位表示が出来ていただけなんです。

でも、今は多くの飲食店オーナーがMEO対策の大切さを知り、「Googleマイビジネス」の運用から始めています。

「じゃあ、もう俺に出来ることはないのかよ…」
いえ、そんなことありません!

ライバルたちが「Googleマイビジネス」だけを
やっている間に、あなたがもっとみんなが知らない方法で対策して先に進めばいいんです!!

今日は「Googleマイビジネス」
以外のMEO対策を僕が全力で
あなたに伝授しちゃいます!!


MEO上位表示のためのキーポイントとは?

ここからが今日のメインディッシュです。
先ほども申し上げましたが、「Googleマイビジネス」の運用はMEO対策方法のたった1つの要素だとお伝えしました。

まず、MEOでの上位表示の順位を決める要素を
ぜんぶ教えちゃいます!

こちらをご覧ください。
これはIT先進国アメリカでいちばんMEO対策の研究をしている「MOZ」という会社のレポートです。

引用:Local Search Ranking Factors – What’s Hot for 2019

https://www.advicelocal.com/blog/local-search-ranking-factors-2019/

左側の「Google My Business Signals」というのが
「ビジネスオーナー登録」や「投稿」、「口コミ返信」です。

な、なんと、上位表示には「8.85%」しか
影響がないんです…

あなたもライバルも小さな「8.85%」で
戦っていたんです。

つまり、残りの対策をしてしまえば、
あなたはライバルに大きな差をつけて、
上位表示することが出来ます。

今から上位表示に影響のある対策を
1つずつ伝授しますね。

MEO上表表示のポイント①
「Googleマイビジネス」

まず、上位表示に不可欠なのが
「Googleマイビジネス」です。
MEO対策の最初の1歩と言えば、これですよね!

おそらく、この記事を読んでいるのは
「Googleマイビジネス」をマスターしている方が多いと
思うので、ここでは説明を省かせてもらいます。

「まずはGoogleマイビジネスから始めたいなぁ」
「自分のやり方が正しいか、復習してみるか」
という方にはこちらの記事がオススメです!

MEO上表表示のポイント②「口コミ」

MOZのレポートでは「Review signals」と書かれている
「6.47%」の影響力をもつ要素です。

口コミで重要なのは
「口コミの点数」「口コミの数」「口コミの多様性」
です。あなたがMEO対策としてすべきことは

あなたのお店への点数の高い、
良い口コミを増やすことです!

これは意図的にキャンペーンをやることで
増やすことができます。

例えば、Googleに口コミをしてくれたお客様には
「ドリンク無料」「会計5%引き」「デザート無料」
など、お客様が口コミを書きたくなるようなキャンペーンをしましょう。

口コミキャンペーンで
いちばん大切なことをお伝えします!
それは

口コミの書き方をポスターを
お客様に伝えることです!

Googleへの口コミの書き方を説明するポスターを
店内の壁やメニューと一緒に挟んだりしましょう。

「口コミを書いてくれたら、サービスしますよ」
とあなたからお客様に言うのは気が引けますよね?

でも、このようにポスターやメニューに挟むことで
お客様が自分から口コミを書いてくれます。
あとはお客様が口コミを書いたかを確認してから、
サービスをしましょう!

サービスを受けた手前、お客様もネガティブな口コミを
書くことは少ないでしょう!
このようにキャンペーンをすることで、

「口コミの点数」と「口コミの数」
 を増やすことができます。

そして、口コミの数が増えれば、
「口コミの多様性」も自然と上がっていきます。

ちなみに口コミの増やし方に特化した
詳しい記事がこちらになります!
口コミを本気で増やしたい方はこちらへ!

MEO上表表示のポイント③
「ユーザーアクション」

次は「ユーザーアクション」について説明します。
MOZのレポートでは「Behavioral Signals」と言う
「11.5%」の影響力をもつ要素です。

カンタンに説明すると、Google上であなたのお店が

どれだけ「電話」や「予約」ボタンを押されたか
どれだけ投稿やメニューなどを見られたのか

と言うことです。
10%を超えるかなり重要な要素ですので、
MEO対策として、絶対に外せません!!

まず、1つ目の対策は

「電話番号」と「予約サイト」
 を登録することです。

これができていないと、
10%を捨ててしまうことになります。
必ず、電話番号と予約サイトの登録をしましょう。

2つ目の対策は

 魅力的な「投稿」と
「メニューの充実」です。

とにかく多くのお客様が見たくなるような
投稿をたくさんしましょう!

魅力的な写真を使ったり、人間味のある面白い文章を
書いて、お客様がついつい見たくなるような投稿をしましょう。

次に「メニューの充実」です。
これはとても面倒臭い作業になりますが、
あなたのお店の全商品を登録し、
値段と写真をつけましょう。

 お客様がいちばん見たいのは
「美味しそうな料理があるかどうか」
「値段はどれくらいなのか」です!

メニューを充実させることで、たくさんのお客様に
あなたのお店のページを見てもらえます。

この2つの対策をして、ライバルに差をつけましょう!

MEO上表表示のポイント④「パーソナライズ」

次にご説明するのは「パーソナライズ」です。
MOZのレポートでは「Personalization」と言う
「7.32%」の要素です。

正直言って、パーソナライズに対策はありません!
なので、ここでは説明だけさせて頂きます。

カンタンに言うと、お客様一人一人の
「検索履歴」や「購入履歴」「検索位置」のことです。

よくラーメン屋を調べている人には「ラーメン屋」
よく雑誌を調べている人には「本屋さん」
外出先で検索している人には「近くのお店」
のように、個人に合わせて、上位表示が変わります。

パーソナライズに関しては
頭の片隅に入れておくだけでOKです。

MEO上表表示のポイント⑤「SNS」

次は「SNS」とMEO対策についてです。
MOZのレポートでは「Social Signals」と言う
「3.47%」の要素です。

カンタンに説明すると、
「Googleの検索回数」や「フェイスブックでの投稿数」
「ツイッターでの投稿数」「インスタグラムの投稿数」
などが多いほど、MEOで上位表示されると言うことです。

ここでの対策は「SNS」の運用を始めると言うことです。

特に「インスタグラムの運用」が
ほんとうに重要です!

フェイスブックもツイッターも拡散性と言う意味では
インスタグラムと同じ効果がありますが、
飲食店、特に料理との相性は「インスタグラム」が
いちばんです。

SNSの拡散性を利用して、
多くのお客様に見てもらいます。

SNSを見たお客様はGoogleでも検索して、
お店のことをもっと知ろうとします。

つまり、SNSの運用をすれば、「Googleでの検索数」も
増やすことができるんです!

飲食店のインスタグラム運用について
詳しく知りたい方にはこちらの記事がオススメです。

MEO上表表示のポイント⑥「サイテーション」

次に説明するのは「サイテーション」です。
MOZのレポートでは「Citation Signals」と言う
「8.41%」の影響力をもつ要素です。

カンタンに説明すると、

インターネット上のお店の名前や
住所を完全統一することです。

具体的には
ホームページや食べログ、ぐるなび、Google、
タウンページに登録しているお店の名前と住所を
完全に一致させることです。

「The Resutaurant 銀座1丁目店」と
「The Resutaurant 銀座一丁目店」

「銀座1丁目1-1」と「銀座1-1-1」

のように、ホームページやグルメ系サイトに載っている
お店の情報の記載方法が違うことがあります。

また、
「The Resutaurant 銀座1丁目店」と
「The Resutaurant 銀座1丁目店」

のように「The Resutaurant」と「銀座1丁目店」
の間隔が違うのもダメです!!

このように表記がサイトごとに違うと、
上位表示は難しくなってしまいます。

なぜ、完全統一する必要があるかについては
詳しく説明した記事があります。
興味のあるかたはこちらの記事がオススメです

話を戻します。
ここでの対策は「Google」「ホームページ」「タウンページ」「食べログ」「ぐるなび」「Retty」「一休」「OZモール」に載っているお店の名前と住所を完全に一致させることです。

オススメの方法は「コピー&ペースト」です。

とても面倒臭い作業ですが、インターネットに
載っているお店の名前と住所は全て統一しましょう。

MEO上表表示のポイント⑦「被リンク」

次に説明するのは「被リンク」です。
MOZのレポートでは「Link Signls」と言う
「27.9%」の影響力を持っている要素です。

カンタンに説明すると、

あなたのお店のGoogleマップのURLが
第三者によって引用されているか、どうかです。

具体例としては

・あなたのお店のホームページや紹介サイトに
 あなたのお店のURLを貼る

・あなたのお店を訪れたグルメ系ブロガーが、
 あなたのお店についてブログをかき、
 URLを貼る。

・SNSであなたのお店を紹介している人が
 投稿にお店のURLを貼る。

このように、あなたのお店の情報が載っているサイトの
URLがたくさん貼られることで上位表示につながります。

ここでのMEO対策としては、

お店のホームページに
GoogleマップのURLを
貼っていくことです。

実は「食べログ」や「ぐるなび」は元から
Googleマップとの連携ができているんです。

このように食べログでは「地図アプリで見る」
とありますが、
このボタンをタッチすると、
Googleマップが開かれますよね?

これと同じことをあなたのお店の
ホームページでもしましょう!

あなたのお店のホームページを見てくれているお客様も
ホームページにURLがあると便利ですよね。

MEO対策だけでなく、お客様の為にも
この対策はした方がいいです。

MEO上表表示のポイント⑧「サイトの情報」

次は「サイトの情報」について説明します。
MOZのレポートでは「On-Page Signals」と言う
「26.3%」の影響力をもつ要素です。

具体的には

①インターネット上であなたのお店の
 名前、住所、電話番号が掲載されている

②サイトのタイトルに入っている
 キーワードが最適

③サイトの信頼性が高い

カンタンに説明すると、
①あなたのお店の情報が載っているサイトに
 お店の名前、住所、電話番号の3点セットが
 載っていると言うことが大切です。

Googleはこの3つの情報を
すごく大切にしているんです。
だから、どのサイトにも3点セットが
載っていることを徹底しましょう

②お客様があなたのお店を検索するときに、
 すぐにあなたのお店だとわかるようなタイトルに
 しましょう

③これはあなたのお店のサイトにどれだけの人が訪れているかです。

ここでの対策は基本的に①と②になります。

①ではあなたのお店のサイトに
 3点セット(名前・住所・電話番号)が
 必ず載っているようにしましょう。

②ではお店の名前が英語やフランス語など
 の場合は注意が必要です。

例えば、「The Resutaurant 銀座1丁目店」の場合、
お客様は「ザ レストラン 銀座」と検索される
可能性が高いです。

なので、対策としては
「The Resutaurant 銀座1丁目店(ザ レストラン)」
のようにタイトルにカタカナを入れたりして、
わかりやすくしましょう。

まとめ

今日は「Googleマイビジネス」以外のMEO対策について伝授しました。
アプリでカンタンにできる「Googleマイビジネス」だからこそ、ライバルもMEO対策を始めています。

「Googleマイビジネス」だけをやっていれば、
MEO上位表示されるような時代は終わりました。

この記事を読んでいる方はすでに「Googleマイビジネス」をマスターしている人が多いと思います。

ライバルたちがようやく重い腰をあげて
「Googleマイビジネス」を始めている間に
他のMEO対策を進めて、上位表示の地位をゲットしちゃいましょう!